受動喫煙防止条例!?


東京都が「東京都受動喫煙防止条例(仮称)」の基本的な考え方を発表した。

自分は非喫煙者(18年前にやめた)なので基本的には関係ないのだが、週に一度はかみさんと飲みに出て、べろべろになるまで夜の街を徘徊する呑み助なので、これにより飲み屋事情に変化が現れるとなると他人事を決め込めんでいる場合ではなくなる。

顧みて、自分らが行く店は場末の酒場とか、サラリーマンの社交場とか、客単価が思いきり低めに設定されているところばかりで、概算で1000~1500円程度の店が多い。呑み助的フィルターをかけて表現するなら、1000円で3杯飲める店、といった感じになるだろうか。
そういう店は、上の条例が言うところの「原則屋内禁煙(喫煙専用室設置可)」に該当するかと思う。飲食店、ホテル、旅館、娯楽施設、事業所、百貨店、駅、空港ビル、船着場、バスターミナル等がこれに当たる。

ただし、これには逃げ道もあるようだ。こんな具合。


飲食店のうち、 面積30㎡以下のバー、スナック等(主に酒類を提供するものに限る)で、従業員を使用しない店、又は全従業員が同意した店、かつ未成年者を立ち入らせない店については、利用者が選択できる掲示を義務付けた上で、喫煙禁止場所としない。



超アバウトな換算になるが、30㎡=10坪=20畳くらいと考えていいのかな。
やはり自分のなじみの店は、すべてがこれに該当するみたいだ。

ぶっちゃけ、店内禁煙それ自体は大歓迎ではある。
ただ、ひとつ不安がないでもない。禁煙にすることで客が減るという名目で、便乗値上げをする店が出ないかということ。あるいは禁煙コーナー設置費用を料金に転嫁するとか。
実際、禁煙にすることによって新規の客が増える可能性もあるわけで、たとえばどこだかの国で飲食店完全禁煙に踏みきったところ、収益は減らなかったという例があるという。もちろん日本でも同じようになるとは限らないけど、まず値上げから、という店はきっとあるはずで、それが貧乏呑み助には今から憂慮されてならない。
という話でした。

まあ、もっとも足繁く通っている某酒場は、まず禁煙にはしないだろうけど。


[ 2017/09/09 15:52 ] 飲み屋・酒 | TB(0) | CM(0)

Lupin the 3rd: The Castle of Cagliostro


netflixにカリ城が入っていたので、例によってつい観てしまい、その流れでwikipediaやらネットの関連情報を拾い読みしていたら、北米版のブルーレイの評価が高いことを知った。
DVDは日本と北米ではリージョンが合わないので通常のデッキでは再生できないが、ブルーレイは一緒なので再生できるらしい。ならばということで注文した。


ルパン三世 カリオストロの城 / LUPIN THE 3RD: THE CASTLE OF CAGLIOSTRO[Blu-ray][Import]ルパン三世 カリオストロの城 / LUPIN THE 3RD: THE CASTLE OF CAGLIOSTRO[Blu-ray][Import]

Eastern Star 2015
売り上げランキング : 1571

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



2種類の英語版吹き替え(1992年版、2000年版)、各種映像特典(予告編、出演者インタビューほか)など、ジブリ版より充実している上、値段も半額以下?なのが嬉しい。
映像もリマスタリング版を使用しているようでキレイなんだけど、北米は日本よりビットレートが低いらしく、そのせいかnetflixで流している映像のほうが上質なのが、ちょっとだけ残念だった。


memo1)
日本の作品なので、もちろん原語=日本語オリジナル音声で楽しめます。
memo2)
吹き替えと字幕はけっこう違うので、英語の勉強に使う際は、スクリプトを掲載しているページをネットで探しましょう。


[ 2017/09/08 16:04 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

眼科検診


だいたい年に1回のペースで受けている眼科の検診に行ってきました。

眼圧が高いので、数年前、緑内障の検査を目的に始めたものですが、去年からは左目の飛蚊症の経過観察も兼ねています。
そこに右目の飛蚊症も加わったのが今回のトピックスでしょうか。
悪性のものではないので引き続き様子を見てね、という診断。

毎回、視力検査もセットで行うので、ついでに老眼の進行度も診てもらいました。
まだまだ程度としては軽いんだけど、4~5年以内にはかなり進むのは間違いない。それくらいのレベルには達しているようです。さすがに。

なもんでこれを機に、老眼鏡(別名:リーディンググラス)を作る方向で決意が固まりつつあります。

前に100円ショップで +1.00のやつを買ってみたんですが、これだと目から指一本分の超至近までしか見えないので、作るとしたら今の近眼用メガネの度を下げたものになるのかな。10cm(爪切り距離)から50cm(PC距離)くらいまでを特にフォローできるのが理想。

しかしやっかいですね、老眼。加齢にしたがって、まだまだ進むんだろうな。

[ 2017/09/07 16:46 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)

大腸ガン検診は2本セットが必須です


本業が痩せ細る一方なのでWワークで夜のバイトをしているわけですが。
業態としては医療系になるかな。
ものすごく簡単に言うと、契約している医療機関から運ばれてきた検体を受け付けて、検査機関に流す仕事。
そこには皆さんおなじみの、こんなやつも搬入されてきたりします。





大腸ガン検診に使うやつで、通称はOCヘモ(便中ヘモグロビン)といいます。

これ、ご存じのように、たいてい2日で1セットとなっています。
なので受け付けするときも1患者あたり2本来るのが通例なんですが、たまに1本が未使用(と思われる)状態のものが混じっていることがあります。名前等も未記入の、一見してまっさらなただの容器です。

ここが悩みどころで、仮に未使用であっても病院からの依頼書には2本分で記載されているので、こちらとしては廃棄するわけにはいきません。といって、未使用品をそのまま機械的に流していいものか、と現場の人間は考えるわけです。
そこで、上にお伺いを立てることになる。でもって集配担当もしくは回収先の病院に問い合わせたりすることもある。

正直、面倒です。忙しい中、手を止めなきゃならないし。

そんな検体に当たっちゃったら、舌打ちのひとつもしたくなるというものです。

で、問題はなんでそんなことが起こるのかという話で。
使わなかったんなら、1本だけ病院に届けりゃいいじゃん。未使用容器は家で捨てるなりなんなりすりゃいいじゃん。そう思ってしまうわけですが。
そんなとき、自分自身の、ぼくの、わたしの区民検診がありました。そこで謎が解けました。


OC(2).jpg


なるほど、こういうことだったか!

2本揃えて出せば大腸ガン検診の既定料金200円で済むのが、1本だけだと1,620円とられる。そりゃあ、未使用でも提出しちゃいますよ。

杉並区、考えたほうがいいんじゃない?


[ 2017/09/05 15:00 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(1)

きえ~る


今年の夏は、じめじめして鬱陶しいですねー。

洗濯物を干すこともままならない。毎年夏には掛け布団やコタツ布団を丸洗いしているんだけど、そのチャンスも掴めないまま気づけば9月ですよ。

こうなると、ちょっとしたカビ臭も気になるようになり、除湿機をガンガン回し、古い布団は始末するなどして、室内から湿気を飛ばす努力を鋭意続けております。
その一方、臭い自体もどうにかせんといかん!ということで、今年の夏はこれを導入しました。


きえーる

ネコがいるもんで、あまりケミカルなやつは使いたくない。
そこで、バイオ酵素消臭剤となったわけです。

臭いに敏感というのは心理的な要因も大きいはずで、どれほどの効果があるのか実は分かっていなかったりもするのですが、妻が生ゴミの臭いがかなり軽減されたというので、詰め替えボトルも注文してみました。
しばらく続けてみたいと思います。

ただ、お値段がね。普段使いの消臭剤としては、けっこう高価。

ペット用はちょっと安いみたいなんだけど、中身が違うのかな?
介護用、室内干し用なんかもあるようで???


バイオで消臭 抗菌 きえ〜る 室内用 バイオ消臭液 無香 スプレータイプ 280mlバイオで消臭 抗菌 きえ〜る 室内用 バイオ消臭液 無香 スプレータイプ 280ml

環境ダイゼン
売り上げランキング : 34686

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【大容量】バイオで消臭 抗菌 きえ〜る 室内用 バイオ消臭液 無香 詰替用 1L【大容量】バイオで消臭 抗菌 きえ〜る 室内用 バイオ消臭液 無香 詰替用 1L

環境ダイゼン
売り上げランキング : 14008

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



[ 2017/09/04 12:39 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)

検査フェチ


区民検診にて。問診のときのやりとり。
同時受診の大腸がん検診、肺がん検診の説明が終わったあとで。

「他にオプションもありますが、B型肝炎の検査とかしたことありますか?」
「2、3カ月前に調べて。抗体があるみたいです(*1)」
「あっ、そうですか。…それでは、え~と、60才以上の方ですと前立腺がんの検査があるんですが――」
「昨日、泌尿器科でPSA検査しました(*2)」
「あ、あ~、そうですか。はい。それでは……区民検診では眼底検査は全員は受けられないんですが…眼科とか行ってらっしゃいますか?」
「年に一度、こちらで緑内障の検査をしてもらってます(*3)」
「! そうですか。良かったです~」

問診終了。


*1 夜の仕事が医療系なのでワクチン接種させられる。所定の3回で定着せずに追加の4回目を受けてようやく免疫ができた。
*2 前立腺がん検査。4カ月に1回、腎結石の経過観察をしている。そのついでに勧められた。区民検診のオプションだと2000円くらいかかるらしいが、泌尿器科でついでに受けると数百円で済むらしい。
*3 緑内障ではないけど眼圧が正常値上限なのでチェックしている。今は飛蚊症も出ているので、その検査も。


[ 2017/09/02 11:44 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)

2017年8月の読了本


8月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2964
ナイス数:2

いまさら翼といわれてもいまさら翼といわれても
読了日:08月30日 著者:米澤 穂信
十角館の殺人 (講談社ノベルス)十角館の殺人 (講談社ノベルス)
読了日:08月29日 著者:綾辻 行人
ネオカル日和 (講談社文庫)ネオカル日和 (講談社文庫)
読了日:08月25日 著者:辻村 深月
卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ文庫NV)卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ文庫NV)
読了日:08月23日 著者:デイヴィッド ベニオフ
ロウフィールド館の惨劇 (角川文庫 (5709))ロウフィールド館の惨劇 (角川文庫 (5709))
読了日:08月16日 著者:ルース・レンデル
明治乙女物語明治乙女物語
読了日:08月11日 著者:滝沢 志郎
ゼロの焦点 (新潮文庫)ゼロの焦点 (新潮文庫)
読了日:08月07日 著者:松本 清張
水族館の殺人 (創元推理文庫)水族館の殺人 (創元推理文庫)
読了日:08月01日 著者:青崎 有吾

読書メーター



[ 2017/09/01 01:21 ] 読了本 リスト | TB(0) | CM(0)

「ゼロの焦点」からの立川


『ゼロの焦点』を読んでいたら米軍立川基地が出てきた。

『シン・ゴジラ』で後半の拠点となる立川広域防災基地も置かれているあのあたりは、かつて陸軍立川飛行場やら陸軍航空工廠やらがあった場所で、敗戦でアメリカに接収されて同基地となると、返還までずっと日本の中の異国だった。米兵相手のパンパン(私娼)が清張の作品では重要な位置を占めており、当時の状況をうわっつらではあるが窺い知ることができる。

基地(の土地)が全面返還されたのは1977年(昭和52年)だそうだ。
自分が12才のとき。なので、それから3、4年後の話になる。

都立武蔵高校への進学が決まり、入学に備えた健康診断があった。とあたかも紛れようもない事実のように書いているものの、↑こんな昔の話なので記憶違いかもしれない、それを前提に話を進めさせてもらうが、その健康診断が行われたのが立川基地跡地だった(たぶん)。

立川で降りたのは、それが人生で2回目だったはずだ。
最初はやはり中3のときだったと思う。あるいは中2だったか。日本育英会が立川の南側にあり、そこに面接に出かけて以来のことだ(資格取得のためには学業成績と親の収入が主に参照されるほか、育英会に出向いて集団面接と討論みたいなのもやらされる。大学進学時も同様だった)。ただし今度は北側である。闇市の名残りのような雰囲気のあった南とは違って、当時からけっこう栄えていたような気もするが、地元民でないので記憶の改ざんがあるかもしれない。これまた記憶違いはご容赦願いたい。

ともあれ健康診断だ。
それが指定された場所に行ってみて驚いた。何もないのだ!

俗に言う、東京ドーム●個分ってやつだ。そんなスケールの空地が広がっているのだ。

以前は飛行場の関連施設、あるいは住居区なんかもあったのかもしれない。よく知らないが、そうしたものを撤去してスケルトン状態で返還したということなのだろうか。
そしてそんな広大で、殺風景な土地に、ポツンと廃屋が建っていた。

こんな感じだ。

会場?は2階にあり、歩くとガン、ガンと音が鳴る古い、錆びた外階段を上がって入っていった。その中央に、係員が座る簡易な事務机と身長計が置かれている。実にシュールw

似たようなシチュエーションで検査を受けた人にあまり出会わなかったので、もしかしたら差し替え(当時の都立入試は受験校を一度だけ変えられた)の生徒だけに臨時で行われたものなのかもしれない。

就職したゲーム開発会社の所在地だったり、付き合っていた相手が住んでいたりと、その後もそれなりに縁のあった立川だが、20代の後半にWINSに出かけて以来、降りた記憶がない。今や吉祥寺を上回る、都下では最多乗降客を誇るまでになっているようだが、そのうちふらっと遊びに行ってみようか。むろん、かつての面影などかけらも残っていないだろうが。

[ 2017/08/21 16:15 ] 昔のはなし | TB(0) | CM(0)

黒猫



中学時代の友人Kには、都立調布南高校に通う兄がいた。
その縁から、同校の文化祭に出かけたことがあった。
たぶん中2の頃だと思う。

さすがに40年近く前(!)のことになるので一本筋の通った記憶は残っていないが、断片的なものはいくつかある。そのうちのひとつが『黒猫』だ。
ポオの恐怖小説『黒猫』の芝居を、何年何組かは忘れたが体育館で演し物としてかけていたのである。

まさに横溝ブームのただ中であり、クリスティ映画も連続して海を渡ってきていた当時のこと。すっかり影響を受けた自分はご両所の作品を何冊か読んではいたが、まだ自分の中に「ミステリ」「推理小説」といった意識はなかった。そして、その手のジャンルの始祖がポオという作家であることも、おそらく知らなかった。
なので、なんでその芝居に興味を惹かれたのかは今となっては不明である。
あるいは前後にバンド演奏があったので、そこにK君の兄が出演していたとかいう話だったのかもしれない。

とまれ問題の芝居だが、よくできていたと思う。舞台演劇にまるで興味がなくこの歳まで来た自分が(従って当然サンプル数は僅少)、唯一面白いと思った芝居でもある。

この記事のカテゴリー、「本」にしようかと思ったけど、いい機会なので新たに「昔のはなし」というのを立てました。
回顧(懐古)話もそれなりに出てくる歳になったしね。


ノア2017-02-04(2)

うちの黒猫。昨日、4才になりました。


[ 2017/08/15 11:35 ] 昔のはなし | TB(0) | CM(0)

ポンタ ep.2


去年ご紹介したのと同じローソン店舗で先日あった出来事。

やっぱりエネルギー補給のためにおにぎりと、仕事中になめるアメちゃんを買おうとしたときのこと。財布からポンタカードを出そうとしたら、これが古いうえに扱い悪いこともあり、ぺろんと表裏に剥がれちゃったんですよ。
なもんで、「あー、こりゃダメだな。カードはいいです」と財布に戻そうとしたら、おそらくネパール人と思われるバイトの女のコが、「だいじょうぶですよ」と言うや、ぼくのカードを手に取り、セロテープでペタペタ補修を始める驚きの展開。

けっきょく彼女、テープで四辺を貼り付けてくれたわけですが、あまりに丁寧に作業するもんだから、後ろのレジ待ちの客がキレたりしないか心配になってしまいました。

ともあれ、ありがとう。
バイトのコ、あんたはえらい!


ぽんた2
[ 2017/08/10 15:02 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)
月別アーカイブ
フリーエリア