食器棚を処分したこと


食器棚を処分した。

武蔵境に住んでいた頃、境南町の中古家具屋、というか古道具屋でたしか3000程度で買ったもの。
近くに亜細亜大学やICUがあるためか(今だと外大も)、本棚なんかの出物があったりして、ちょくちょく利用していたあの店。
さすがにもうないだろうなあ…。

そんな食器棚だけど。
積極利用しているわけじゃないにしても、今さら処分する理由もない。このまま付き合っていくんだと思っていたものが、意外に続いている断捨離ブームに加え、先日友人より姿見をいただいたのをきっかけに台所のレイアウトを変える必要に迫られ、じゃあこの際、お別れしましょうという話になった。

付き合いは20年以上になるので、さすがにいろいろ思い出されて感慨深い。


食器棚(2)



一方、食器がなくなるわけではないので小ぶりなやつを新調。
比較するとえらい違いだけど、似たようなサイズのを買うでは無意味だしねw

食器棚


容量は4分の1くらいになるのかな。
収納力が激減したので、使っていない食器類も一緒に処分することにした。

執着を捨てれば、不要なものはまだまだ我が家にはある。
断捨離は続くのであった。


[ 2017/09/29 11:29 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)

眼科検診


だいたい年に1回のペースで受けている眼科の検診に行ってきました。

眼圧が高いので、数年前、緑内障の検査を目的に始めたものですが、去年からは左目の飛蚊症の経過観察も兼ねています。
そこに右目の飛蚊症も加わったのが今回のトピックスでしょうか。
悪性のものではないので引き続き様子を見てね、という診断。

毎回、視力検査もセットで行うので、ついでに老眼の進行度も診てもらいました。
まだまだ程度としては軽いんだけど、4~5年以内にはかなり進むのは間違いない。それくらいのレベルには達しているようです。さすがに。

なもんでこれを機に、老眼鏡(別名:リーディンググラス)を作る方向で決意が固まりつつあります。

前に100円ショップで +1.00のやつを買ってみたんですが、これだと目から指一本分の超至近までしか見えないので、作るとしたら今の近眼用メガネの度を下げたものになるのかな。10cm(爪切り距離)から50cm(PC距離)くらいまでを特にフォローできるのが理想。

しかしやっかいですね、老眼。加齢にしたがって、まだまだ進むんだろうな。

[ 2017/09/07 16:46 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)

大腸ガン検診は2本セットが必須です


本業が痩せ細る一方なのでWワークで夜のバイトをしているわけですが。
業態としては医療系になるかな。
ものすごく簡単に言うと、契約している医療機関から運ばれてきた検体を受け付けて、検査機関に流す仕事。
そこには皆さんおなじみの、こんなやつも搬入されてきたりします。





大腸ガン検診に使うやつで、通称はOCヘモ(便中ヘモグロビン)といいます。

これ、ご存じのように、たいてい2日で1セットとなっています。
なので受け付けするときも1患者あたり2本来るのが通例なんですが、たまに1本が未使用(と思われる)状態のものが混じっていることがあります。名前等も未記入の、一見してまっさらなただの容器です。

ここが悩みどころで、仮に未使用であっても病院からの依頼書には2本分で記載されているので、こちらとしては廃棄するわけにはいきません。といって、未使用品をそのまま機械的に流していいものか、と現場の人間は考えるわけです。
そこで、上にお伺いを立てることになる。でもって集配担当もしくは回収先の病院に問い合わせたりすることもある。

正直、面倒です。忙しい中、手を止めなきゃならないし。

そんな検体に当たっちゃったら、舌打ちのひとつもしたくなるというものです。

で、問題はなんでそんなことが起こるのかという話で。
使わなかったんなら、1本だけ病院に届けりゃいいじゃん。未使用容器は家で捨てるなりなんなりすりゃいいじゃん。そう思ってしまうわけですが。
そんなとき、自分自身の、ぼくの、わたしの区民検診がありました。そこで謎が解けました。


OC(2).jpg


なるほど、こういうことだったか!

2本揃えて出せば大腸ガン検診の既定料金200円で済むのが、1本だけだと1,620円とられる。そりゃあ、未使用でも提出しちゃいますよ。

杉並区、考えたほうがいいんじゃない?


[ 2017/09/05 15:00 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(1)

きえ~る


今年の夏は、じめじめして鬱陶しいですねー。

洗濯物を干すこともままならない。毎年夏には掛け布団やコタツ布団を丸洗いしているんだけど、そのチャンスも掴めないまま気づけば9月ですよ。

こうなると、ちょっとしたカビ臭も気になるようになり、除湿機をガンガン回し、古い布団は始末するなどして、室内から湿気を飛ばす努力を鋭意続けております。
その一方、臭い自体もどうにかせんといかん!ということで、今年の夏はこれを導入しました。


きえーる

ネコがいるもんで、あまりケミカルなやつは使いたくない。
そこで、バイオ酵素消臭剤となったわけです。

臭いに敏感というのは心理的な要因も大きいはずで、どれほどの効果があるのか実は分かっていなかったりもするのですが、妻が生ゴミの臭いがかなり軽減されたというので、詰め替えボトルも注文してみました。
しばらく続けてみたいと思います。

ただ、お値段がね。普段使いの消臭剤としては、けっこう高価。

ペット用はちょっと安いみたいなんだけど、中身が違うのかな?
介護用、室内干し用なんかもあるようで???


バイオで消臭 抗菌 きえ〜る 室内用 バイオ消臭液 無香 スプレータイプ 280mlバイオで消臭 抗菌 きえ〜る 室内用 バイオ消臭液 無香 スプレータイプ 280ml

環境ダイゼン
売り上げランキング : 34686

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【大容量】バイオで消臭 抗菌 きえ〜る 室内用 バイオ消臭液 無香 詰替用 1L【大容量】バイオで消臭 抗菌 きえ〜る 室内用 バイオ消臭液 無香 詰替用 1L

環境ダイゼン
売り上げランキング : 14008

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



[ 2017/09/04 12:39 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)

検査フェチ


区民検診にて。問診のときのやりとり。
同時受診の大腸がん検診、肺がん検診の説明が終わったあとで。

「他にオプションもありますが、B型肝炎の検査とかしたことありますか?」
「2、3カ月前に調べて。抗体があるみたいです(*1)」
「あっ、そうですか。…それでは、え~と、60才以上の方ですと前立腺がんの検査があるんですが――」
「昨日、泌尿器科でPSA検査しました(*2)」
「あ、あ~、そうですか。はい。それでは……区民検診では眼底検査は全員は受けられないんですが…眼科とか行ってらっしゃいますか?」
「年に一度、こちらで緑内障の検査をしてもらってます(*3)」
「! そうですか。良かったです~」

問診終了。


*1 夜の仕事が医療系なのでワクチン接種させられる。所定の3回で定着せずに追加の4回目を受けてようやく免疫ができた。
*2 前立腺がん検査。4カ月に1回、腎結石の経過観察をしている。そのついでに勧められた。区民検診のオプションだと2000円くらいかかるらしいが、泌尿器科でついでに受けると数百円で済むらしい。
*3 緑内障ではないけど眼圧が正常値上限なのでチェックしている。今は飛蚊症も出ているので、その検査も。


[ 2017/09/02 11:44 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)

ポンタ ep.2


去年ご紹介したのと同じローソン店舗で先日あった出来事。

やっぱりエネルギー補給のためにおにぎりと、仕事中になめるアメちゃんを買おうとしたときのこと。財布からポンタカードを出そうとしたら、これが古いうえに扱い悪いこともあり、ぺろんと表裏に剥がれちゃったんですよ。
なもんで、「あー、こりゃダメだな。カードはいいです」と財布に戻そうとしたら、おそらくネパール人と思われるバイトの女のコが、「だいじょうぶですよ」と言うや、ぼくのカードを手に取り、セロテープでペタペタ補修を始める驚きの展開。

けっきょく彼女、テープで四辺を貼り付けてくれたわけですが、あまりに丁寧に作業するもんだから、後ろのレジ待ちの客がキレたりしないか心配になってしまいました。

ともあれ、ありがとう。
バイトのコ、あんたはえらい!


ぽんた2
[ 2017/08/10 15:02 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)

レインスーツ新調


だましだまし使っていたレインスーツの防水(撥水)機能がいよいよドン底叩いて働かなくなったので、勇気をふりしぼって新調に踏みきった。
同じメーカーの同じモデル。でも色違い。


カッパ(1)

こちら、古いもの。
バイトの同僚に、工事現場の人みたいといわれたw


カッパ(2)

新しいのは、白っぽいグレイ。
実は最初に買ったのがこれと同じもので。上にアップした緑のやつは、その1年後に買った2代目なのだが、それから今回3代目まで2年近い間があいてしまったのはなぜかといえば……ご想像におまかせしますw

余談だけど、この間、同じモデルなのに売価が変動している。

2014年 3,054円
2015年 4,560円
2017年 3,500円

2015年に大幅アップしたのは、道交法の改正で、傘さし運転に厳しくなったことも関係しているんじゃないかと。
ニーズが高まった?

打ち合わせやバイトの往復で酷使してるので、今度はどれだけもつかは分からないけど、ともあれこれで、多少雨天のチャリ移動が楽になる。


[ 2017/06/21 15:03 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)

真夏日の野球観戦


行きつけの店の常連さんからチケットをいただいたので、ヤクルト-阪神8回戦(5/20)を観戦してきた。

東京はこの日、たぶん今年初の真夏日。
大学野球シーズンなのでナイター開催だったが、デイゲームだったらえらい日焼けしたことでしょう。




バックネット裏の年間シート(スターシート)というのが贅沢。
ビールの売り子さんも、エース級を揃えているんだろうかと、つまらないことを考えたり。
(じっさいは外野のほうが競争熾烈なんでしょうね)

そんなこんなでプレイボール!


IMG_1286.jpg

虎の先発は準エースの藤浪。
大谷にすっかり置いていかれて、そろそろ奮起を期待したいところですが…。


IMG_1300.jpg

いつに増してノーコンな藤浪は、無駄なランナーを出しまくってはそれを効率よく返されて4回ノックアウト。
岩崎を挟んだ3番手の松田も不調の山田にスリーラン食らって、7回を迎えたところでほとんど敗色濃厚。


IMG_1299.jpg

かみさんが並んで買ったソーセージ盛り合わせも、この展開では"額面通り"に高く感じられてしまいます。


IMG_1301.jpg

ラッキーセブン以外で六甲おろしが聞けたのは1回だけ。
一方、東京音頭は何回聞かされたことか……。

3時間楽しんだし、敗戦後の混雑は気持ちをさらに削るので、ゲームセットを待たずに撤収しました。



IMG_1303.jpg

反省会は、西武新宿線野方駅至近の〈秋元屋〉へ。
球場で飲んできているので、かみさんはチューハイ、自分は豆乳割りでかわいく乾杯。

結婚前、かみさんは西武新宿線の柳沢に、自分は高円寺に住んでいたこともあり、野方ではけっこう飲む機会があった。
で、この店の隣にある公園でよくケンカしたものでしたw
当時は秋元屋はまだなく、お好み焼き屋かなんかだったけど。

ま、そんなこんなで、我が家には珍しい休日らしい休日でした。


[ 2017/05/22 15:12 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)

iPhone売却への道 (3)


今回もおさらいから。

iPhone(スマホ)を売却する場合、一般的には以下の手続きが必要とされるようだ。

①残債を払い終える。
②SIMロックを解除する。
③端末をアクティベート化する。

ところが、①はなんとかしたものの、②の段階で躓くことに。
契約を切った端末なのでwebでSIMロック解除ができず、auショップに持ち込んだのだが、ネットワーク利用制限がかかっているのでショップでも対応できないというのだ。そこでサポートに連絡、ネットワーク利用制限とSIMロックの解除を一緒にしてもらうことになったのだが…。

10日ほど経ち、157から連絡が入った。
向こうの言うには、「appleの承認が得られないので、ネットワーク利用制限が解除できない」とのこと。なぜ?と訊くと、紛失補償で新端末を購入したためだという。

しかし、そもそもの話として、appleとauの両サポートに電話して、ダブった端末の扱いについて相談したのに対し、端末はお客(ノムラ)のものなので売却も譲渡も自由にしてくれとの話が発端だった。それでその手順について助言され、ここまで来たわけだ。
それが何を今さらだ。

ということでappleに電話。
レアケースとも思えないが、担当者に知識が欠けていたため、"スペシャリスト"の方に代わってもらった。彼曰く「紛失補償はapple care(appleによる端末補償)とは関係ない、auのほうの補償。ネットワーク利用制限をかけているのもauなので、こちらから向こうの担当者と話してみる」と。それで状況を整理してもらったところ、やはり「紛失補償を使って新しい端末を購入した場合、旧い端末には利用制限がかかる」のがルールらしい。転売して悪用されたくないということなのだろう。

auの紛失補償は単独では入れず、同時にapple careにも入らなければならない。合わせて初めて効果が得られる合成魔法のようなものなのだが、これで明らかになったのは、補償金を払うのはappleでも、サービス自体は飽くまでauの仕切りということだ。
だったら、最初からappleに責任転嫁しないで、auとしてルールを説明してくれよと思うが、auショップの店員や電話サポートでは、現場レベルではそこまで把握できていないのかもしれない。まあ、覚えること多そうだしな。

appleのスペシャリストが話の分かる人で、旧端末の今後の身の振り方についてアドバイスをもらった。今後はそちらの線で考えてみるが、ここでのご報告は、ひとまず今回でおしまいとさせていただく。

しかし、想定外のことばかりだった…。

[ 2017/05/04 09:39 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)

マルちゃん正麺 スープの極み


近所の酒屋は現店主で四代目を数える老舗なのだが、バッタものや駄菓子、メダカやカブトムシも扱うなどw、老若男女に愛される地元の隠れた名店だ(たぶん)。
うちも、賞味期限切れ寸前の食品をよく買ってくる。中でもカップラーメンは、冷蔵庫が空のとき、夫婦ともに疲れているときのために是非備えておきたい必需品。買い置きが切れたら補充するようにしている。

もちろん、カップといえども変なものには手を出したくない。そんなときに安心して手を伸ばせるのが日清の麺職人だった。なかなかないよ、あの麺の食感は。特に "香る野菜しお"は我が家的にマストだった。

だがしかし、そこはバッタもんの宿命というやつで、いつしか店頭から消滅。
そこで、代わりをどれにしたものか試行錯誤したところ、これなんかいいんじゃないかと思ったのがこの銘柄。


らーめん


そこはマルちゃん正麺。さすがマルちゃん正麺。カップでも麺がしっかりしている。
味も、とんこつ好きな自分がじゅうぶん納得のいくレベル。

店の在庫が切れるまで、しばらくこいつと付き合ってみるか。



[ 2017/05/03 15:15 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)
月別アーカイブ
フリーエリア