加減しろよ


excite news :<司法試験漏えい>出来過ぎた解答で発覚 経緯は背景は?
司法試験の問題作成や採点を担当する考査委員だった明治大法科大学院の青柳幸一教授(67)=8日付で委員解任=が、受験生に試験問題を漏えいしたとして国家公務員法(守秘義務)違反容疑で告発された事件で、東京地検特捜部は教授の自宅などを捜索し、経緯の解明に乗り出した。 (中略) 今回の不正は、教え子の解答の完成度が他の受験生に比べて突出して高かったことから発覚した。ただ、法務省関係者は「1対1の関係で漏えいされた場合、表面化せず見逃されてしまう可能性も十分にある」と述べ、不正を完全に防ぐことは困難との見方を示した。



司法試験にかぎらない。なんであれ不正はよくありませんね。


思い出したことがある。
たしかあれは中3のとき。定期テストの真っ最中に、うしろの席の同級生に答えを見せてといわれ、応じたことがある。
記憶しているとおりなら、面倒くさいので解答用紙をそのまま渡したはずだ。
(おまけに、ほか数人の間で回覧されたような…)

結果どうなったか。

その同級生は、かなりの高得点をとってしまった。
彼女(女性だった。それが理由ではないんだけどね)のそれまでの成績からすると、明らかになんらかの不正が行われたと教師が疑って不思議がないくらいの。
当然、彼女と、前の席の――彼女の得点をカバーできる程度の解答を提出した自分は呼び出しをくらうハメとなった。
今と違ってふてぶてしかった時期でもありw、知らないで通しましたけどね。

彼女、丸写しはしなかったとしても、調子に乗って景気よく解答欄を埋めちゃったんだね。
そもそも、得点の調整ができるようなら、他人に答えを見せてなんて言ってはこないだろうし。

でもさあ……加減しろよっ!

青柳教授も、きっと今度の一件では同じことを思ったことでしょう。(^-^;


[ 2015/09/09 09:42 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

防災の日


今日は防災の日。1923年のこの日に起きた関東大震災にちなんだものだ。

昨年鬼籍に入った祖母は震災当時2才で、住まいは三越日本橋本店至近にあったという。
揺れの最中はひとり家の中におり、ごろごろ転がっているところを助け出されたと生前語っていた。
間もなく家屋は倒壊。少し遅れれば命はなかったわけで、孫である自分としても実に幸いなことであった。

祖母は空襲でも家を焼かれており、地震や戦争のおそろしさを折りに触れ口にしていた。まさかその最晩年、この両者をともに大いに警戒しなければならない時代を迎えようとは思いもしなかったろう。最後の10数年は、すっかり恍惚の人だったけどね。

[ 2015/09/01 14:53 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

他人の金

毎日jp :余録:人間が一番いいかげんな金の使い方をするのは…
人間が一番いいかげんな金の使い方をするのは他人の金を他人のために使う時だ--そう指摘したのは先年亡くなったノーベル賞受賞経済学者のM・フリードマンである。昨今はとかく評判の悪い市場競争万能の経済思想の大御所だが、この指摘は鋭い


chobinさんのブログで、こんなアンケートが紹介されてました。
さあ、みんなでポチッとなっ。





一部ネット世論をメディアが過大に受け取り過ぎたことで、若者層の支持があると麻生も与党政治家連も思い違いしてしまった。そんなバカな、という話です。

だいたい10年も前は、プライドが高いだけで、政治家としては失言しか目立たない男だったのに。それが首相ということは、自民党こそ人材難でしょう。
与党ってのは露出が大きく、メディアにも圧力かけられるため、野党との間にものすごい差があると思いがちですが、実際はそんなに違いがあるとは思えない。
そこで、違いがないから今のままでいい、ではなくて、違いがないならチェンジ!と行きたいものです。

早く来い来い、解散総選挙。

[ 2008/11/16 08:24 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(3)

落書き

SANSPO.COM :世界遺産に落書きした京産大生を停学処分
イタリア・フィレンツェの世界遺産「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」に、京都産業大学(京都市)の2年生3人が落書きした問題で、京産大は27日、「大学の名誉を著しく傷つけた」として3人を停学2週間の処分にすると発表した。


これでも甘い気はします。
飲み屋の壁に相合い傘を掘るのとは違うんだから。

退学にしろとまでは言いませんが、今回のことで日本人全体の名誉が損なわれたことを思えば、今年度の単位をチャラにするくらいはしとかないと。
いや、1年ぶんの学費では罰金としてはむしろ安い?

なお、先の岐女短の生徒は厳重注意だけとかで、対応を批判するメールが多数、学校に届いているそうです。

余談ですが、落書き事件について朝日がえらそうに上から批判するのは、ちょっと説得力に欠けますね。もちろん批判してもいいけど、すべて自分にはね返っちゃうでしょう。


[ 2008/06/28 13:47 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

腕相撲ゲーム


まんたんウェブ :アトラス:腕相撲ゲームで骨折 150台を自主回収
ゲームメーカーのアトラスは21日、ゲームセンター用の腕相撲ゲーム「腕魂」で、利用者の骨折3件が報告され、ゲーム機150台を自主回収したことを明らかにした。


似たような事件、25~30年近く前にもありましたよね。
懲りないというか、おそらく今のやつは、骨折を防ぐためのメカニズムが付与されているんだとは思いますが。

一定時間経過すると、少しずつ負荷を減らしていくとか。
プレイヤー側からの圧力が急激に落ちたときは、それに応じて負荷も落とすとか。

でも、どこまでいっても機械は人間とは違うからなあ。

ところで、同記事では強さは10段階とか書いてあり、またTVのニュースでは負荷が最大60㎏とか言ってましたが、これとてアーケードゲームですから難易度設定があるんですよね?
店側が筐体開けて任意に変えられる、いわゆるモード設定。

昔のことなんで参考になるかは解りませんが、ぼくが子供の頃(若い頃!?)は、確かに店によって強さが違いました。
ある店では横綱まで勝てたのに、別のとこでは関脇がやっとだった…みたいな。

[ 2007/08/22 12:03 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

松本妄言

長くなりそうだったので、コメントはやめてTBで。

読み捨てられてゆく言葉たち
一方では松本零士がこんな発言をしている。正直いって最近の松本零士の発言は老害というか、ぶっちゃけはじまったのかな、と思わざるをえないのだが、


松本零士の妄言については、以前、歌詞盗用事件の際に取り上げたことがあった。けど、どうやら例のfc2ログ消失事件のときに当該エントリーがなくなっちゃったみたい(泣)。
でもまあ、相変わらずやってくれちゃってるようなので、あらためて取り上げます。
元ネタはこちら

21世紀のコミック作家の著作権を考える会」も、彼が前面に立ってましたよね。
クリエイターが作品の権利を主張するのは解るし、それ自体に異を唱えるわけじゃないけど、どうも話のあっちこっちに手前勝手なすり替えがあるように思いますですよ。

読み捨てられてゆく言葉たち
そもそも、「著作物」を守る、という意味での著作権保護と「著作権利料」がイコールで結びついているかのような考え方が理解できない。著作物の改変や盗用はよくない、というのは理解できる。その意味での著作権保護は50年でも70年でも、むしろ未来永劫守ればよい。


同感ですね。
ぼくは常々、
・著作物は永久に守られるべき
・著作者の権利は本人存命中のみ有効
・頒布は著作物の賞味期限が切れた時点から誰でも無料でおこなえる
 (賞味期限内は権利料が著作者に支払われる)
――がいいんじゃないかと、アバウトですけど思ってます。
これでじゅうぶん、著作者は報われるんじゃないかな。

ただ、まだ作品がバリバリ賞味期限のうちに著作者を殺して著作権フリーにしようと企む輩が出ないとは限らないので、2番目は3番目とのバランスを考えながら適用猶予を設定する必要がありそうです。
賞味期限ってのも難しいんだけどね。政治的な絶版とか増えそうだし。

[ 2007/02/02 12:13 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

柳沢失言

身辺慌ただしかったこともあるけど、やっぱり12月のログ消滅事件を機にモチベーションが低下したような気がします。けっきょく1月はエントリー数がひと桁。う~ん。
心機一転、気を取り直して今月はペースを上げていきますよ。

で、話題の柳沢発言ですが。
世間では、一件を評して「この人には子供がいないのかね」という感想がよく聞かれます。
でも、それもどうかと思います。
正直な感想なんでしょうし、いいたいことは解ります。けど、角度を変えてみてください。「子供がいるなら女性を指して"子供を産む機械"などとは言えない」というのは、「子供がいない人間なら女性を"子供を産む機械"とか言いそうだ」といってるのとほとんどイコールじゃないすかね。
典型的な"無意識の優越感"。柳沢発言より、よっぽど差別的と思いますよ。

この件では野党(共産党を除く?)が足並み揃えて柳沢の辞職を要求、安倍首相の任命責任を問うてます。
数の壁があるので審議の場では勝負にならない野党が、ここぞとばかりに政局にしたがるのは解るけど、なんか、いつか来た道という感じで。なんだかなあな気分です。
もちろん柳沢の発言はあきらかな失言。安倍首相は罷免するのが妥当でしょう(泣く泣く子供を諦めたアッキーはどう思ってるんだ?)。それより野党のはしゃぎっぷりはなんなんだ、という話で。国対幹部は連日料亭通いですかね。

[ 2007/02/01 11:40 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

実相寺昭雄死去

MSN毎日インタラクティブ :訃報:実相寺昭雄さん69歳=映画監督
 「ウルトラマン」「帝都物語」などで知られる映画監督の実相寺昭雄(じっそうじ・あきお)さんが29日午後11時45分、胃がんのため東京都内の病院で死去した。69歳。


特撮ファン的には、ひとつの時代が終わった感がしてしまう大きな死です。
にしても、つい先日、石川賢が死んじゃったばかりなのに…。

遺作が『シルバー假面』というのは微妙ですが、来春リリース予定のDVDはやはり見てしまうでしょう。

[ 2006/11/30 16:14 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

防災の日

今日は防災の日。関東大震災があった日ですね。
震災はぼくの母方の祖母(当時2才)が体験しており、家の中で転がっていたのを家族に抱きかかえられて脱出に成功。直後に家が潰れたというエピソードをよく語っておりました。

一方、このぼくは東京に40年弱住んでいますが、物心ついてからこの方、あまり大きな地震の記憶はありません。震度4以上が数回あったくらい?
独り暮らし始めてからは、家具が倒れたり置物なんかが落ちてきたりするレベルの地震は二度しかなかったように思います。ボロアパート以外、住んだことないけど、ホントにそんなもんです。
もしかしたらもっとあったかもしれないけど、いつも地震の後のようにいろいろと床に落ちている部屋なので(笑)。外出中に少々配置が変わってもきっと気づかない。

地震でいちばん心配なのが猫ですね。3匹いるから、かみさんと分担しても1匹は確保が後手にまわる。キャリングケースも2つしかないし。
そんなわけで、耐震構造に優れた家に住める身分になるまでは、おっきいやつは来て欲しくないです。
[ 2006/09/01 12:08 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

子犬殺し

承前

ネットに転載された坂東眞沙子の手になる文章を読んだとき、子供のころのことを思いだした。

当時、路地奥にあったうちの隣に、近所づきあいもほとんどしない、周囲とはいろんな意味で隔絶した家があったんですが、そこで犬を何匹か飼ってたんですよ。
犬たちは玄関脇の勝手口のあたりにつながれていたんですが、だいたい路地なわけだから、ヒモをピンと張って吠えかかられようものなら、こちらは片方の壁に寄らなければ通り抜けられない状況で、表通りへの出入りというごく普通のルーチン行為にも、いちいちキモを冷やす有り様でした。
あまつさえ、その犬は放し飼いされていることも多く、路地を折れた瞬間に「!」となって、追いかけられて噛みつかれたこともあります。

前フリが長いですね。
で、そこの飼い主が、時代ということもあるのでしょうが不妊処置をとっておらず、おそらく近親姦で子供ができるたび、そのへんに穴を掘って子犬を埋めていたという噂が当時あったのです。
もちろん、それが単なる噂に過ぎなかった可能性はありますが(状況証拠は事実を差してますが)、ぼく的には、そんな幼少時の記憶を掘り起こすことなった今回の一件だったのでした。
[ 2006/08/24 12:53 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(1)
月別アーカイブ
フリーエリア