墨攻/酒見賢一

墨攻 (新潮文庫)墨攻 (新潮文庫)
酒見 賢一

新潮社 1994-06
売り上げランキング : 27322

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


中国戦国時代。非攻を唱える墨子教団(墨家)の一員である革離が、辺境の小国・梁に赴き、趙の大軍勢を相手に守城に努めるお話。
コミックもヒットしたけど、後半は翻案といえるほど異なる。
どちらも面白いが、どちらを上とするかは好みの分かれるところ。

非攻を唱える一方で守城(防衛戦争)技術を発達させた墨家の立場は、日本人には中国人以上に親近感をおぼえるのでないだろうか。
今の為政者に、国を守るための信念と知恵と技術があるかは疑わしいものだが。


読了:2010/12/24
採点:☆☆☆★


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


[ 2010/12/30 13:32 ] | TB(1) | CM(0)

数えからくり/田牧大和

ブログの更新どころではなかった2か月。
年内に本関係だけは吐き出しておきます。

数えからくり―女錠前師緋名数えからくり―女錠前師緋名
田牧 大和

新潮社 2010-10
売り上げランキング : 158196

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

女錠前師緋名シリーズの2作目。
シリーズものと知らずに借りて後悔した。間違いなく、最初から読んだほうが楽しめる。
とはいえ、飽くまでそれは比較論。1作目を読んでいても、あまり面白いとは思わなかったろう。
錠前師だからこそ巻き込まれた事件ではあるが、職業的必然性はそれくらい。
既視感のあるキャラ、オチもどうかなと思う。

残念だけど、次が出ても読まないでしょう。


読了:2010/11/21
採点:☆☆☆


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


[ 2010/12/30 11:43 ] | TB(0) | CM(0)

来季の虎

以下は10/24に某所に書いたもの。
来季の理想オーダー。


右 平野 /林/桜井
三 関本 /新井
左 マートン /藤川俊
捕 城島 /小宮山/狩野
一 ブラゼル /新井
遊 鳥谷 /大和
二  /大和/平野
中 藤川俊 /浅井


金本は右肩治るまで(せめてショートに投げられるまで)代打専門。
マートンは本職のレフトで。
鳥谷は二塁コンバートがいいと思うんだけど、現実的には難しいよな。
新井はブラゼル好調の間は難しいけど、引退までタイガースにいるんだったら、いずれ一塁コンバートは避けられないだろう。
関本は内野のユーティリティとして、状況に応じて。
しかし、岡田といい真弓といい、なんでか林を使わないよな。

補強は投手限定でいいと思う。


【ブログアップにあたっての附記】
その後、現在までに補強といって目立つのは藤井(捕)くらい。
野手の顔ぶれは、もうこのままいきそうだけど、マートン右翼と平野の二塁は固定すると真弓監督が言ったみたいなので、そのとおりなら理想は早々に崩れたことになるな。

[ 2010/12/05 09:08 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
月別アーカイブ
フリーエリア