テルマエ・ロマエ(III)/ヤマザキマリ


テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス)テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス)
ヤマザキマリ

エンターブレイン 2011-04-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今回は連続ものがあるので、収録エピソードは実質3話。
読み味が変わって新鮮なぶん、ボリュームに不満ありかな。

実写映画化のルシウス=阿部ちゃんはいいけど、相方の上戸彩は何やるの?
平たい顔族としたら、ちょっと違うんじゃない。
宮崎あおいとか、仲間由紀恵(そりゃトリック)をキャスティングしてほしかった。


読了:2011/4/25


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[ 2011/04/28 07:47 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

進撃の巨人(4)/諫山創

進撃の巨人(4) (少年マガジンコミックス)進撃の巨人(4) (少年マガジンコミックス)
諫山 創

講談社 2011-04-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


回想シーンがほとんどで、ストーリーはあまり進展せず。
次巻は調査兵団の一員として地下室を目指すのかな。

巨人の正体って、もしかしてミケーネの巨人(@マジンガーZ)?
あれ自体は抜け殻で、本来は人間が一体化してコントールするものとか。
巨人が人間を食べるのは、自分の本来の操縦者を探している?


読了:2011/4/22


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[ 2011/04/26 13:40 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

おおきく振りかぶって(16)/ひぐちアサ


おおきく振りかぶって(16) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって(16) (アフタヌーンKC)
ひぐち アサ

講談社 2011-03-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近の野球マンガでは2番目に好き。(1番は『砂の栄冠』三田紀房)

――なんだけど、かっちりしたストーリーがあるわけでなく、エピソードの積み重ねで読ませるタイプの作品なので、単行本が出るのに合わせて読んでいると、前巻までのストーリーを見失ってしまう。
数巻ためて読んだほうが、いいかもしれない。

読了:2011/4/19


▼関連作
砂の栄冠(1) (ヤングマガジンコミックス)砂の栄冠(1) (ヤングマガジンコミックス)
三田 紀房

講談社 2010-12-06
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
※『クロカン』を超えるか!?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[ 2011/04/22 16:14 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

夏目友人帳(11)/緑川ゆき


いつの間にか新刊が出ていた。
奥付みたら3/10発行。地震の前日ですか。そうですか。

夏目友人帳 11 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 11 (花とゆめCOMICS)
緑川 ゆき

白泉社 2011-03-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

他の方の感想を読んだら、友人帳つかって名前を返すの、久し振りなんだって。
一度読んだらそれきりなので、前がいつだったのか覚えてないけど。

今回は"いい話"のウェイトが高い。それ自体は悪くはないし、面白くもあったんだけど、そろそろまとめに入ってほしい。
ニャンコ先生(&仲間妖怪たち)と貴志の距離感が近くなりすぎて、いい加減、緊張感がなくなってきているし。


読了:2011/4/19


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[ 2011/04/22 11:00 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

カササギたちの四季/道尾秀介

メガネを変えたこととか、ハンカチ初勝利とか、断捨離進行中とか、いろいろ書きたいことはあるんだけど、やはり心理的に便秘気味。なかなか出口に辿り着かない。
それでも、少しずつ出すクセをつけとかないと。本当に詰まってしまう。

というわけで、久々の読書覚書。
直木賞受賞後第1作になるのかな。

カササギたちの四季カササギたちの四季
道尾秀介

光文社 2011-02-19
売り上げランキング : 7003

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

道尾作品を読むのは、『骸の爪』『ラットマン』『鬼の跫音』『球体の蛇』『月の恋人』に続いてたぶん6作目。
なかでも『月の恋人』がベストといってしまうワタクシですから、今回のやつも結構気に入りましたよ。
基本的に叙述トリックを好まないので、一般的な道尾ファンとは逆の評価になっていると思うけど。

話が軽すぎるのが物足りないので(タッチが軽いのはおっけー)、採点は抑えめで。

読了:2011/4/11
採点:☆☆☆★


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


[ 2011/04/19 13:12 ] | TB(1) | CM(0)

連続試合出場記録ストップ

過去に何度も取り上げているので、こういう時期だけど触れないわけにはいかない。

デイリースポーツ :金本 代打で登場も連続試合出場止まった
ついに止まった。阪神・金本知憲外野手(43)の連続試合出場が、歴代2位の1766試合で止まった。八回2死一塁で代打に立ったが、一走・俊介が盗塁に失敗。打席が完了しなかった。俊介はノーサインでの盗塁。だれもが驚いたが、真弓監督は記録継続だけのために金本をその裏の守備に就かせることはしなかった。



某スポーツ紙の(伏せてるわけでなく失念)、本文ではなく記者コラムを読んだところ、首脳陣は金本の記録継続を望んでおり、盗塁を試みた俊介に苦言を呈したという。
記者は、そこまでして記録を守りたいなら、あの局面での盗塁を事前に禁じておけば良かったと指摘している。まったくそのとおり。

連続試合出場というのは、くどいようだが当人の自己満足に過ぎない。野球はチームスポーツ。したがって、この記録を正当化するには、その選手が試合に出続けることがチームの利益に直接繋がっていなければならないと思う。
少なくとも、若手の覇気に冷水を浴びせ、自由な盗塁企図を阻害していいほどの記録ではない。

引退した赤星が、金本獲得後のチームを「ちょっとしたケガで休める雰囲気ではなくなった」といった感じで語っていたことがある。
これは良し悪し、ふたとおりの解釈が成り立つ。

まず、良いほう。チームの士気を高めるのに貢献したという意味では、金本の存在は大きい。2003年以降、タイガースが毎年優勝を争うほどに強くなったのは、彼という、闘志みなぎるチームリーダーを得たことと無縁ではない。
一方で、ケガを押しても試合に出るという、コンディション無視の発想をする選手が増えたのは、大きなマイナスといえる。金本の真似をしたのか、フルイニング出場にこだわりを見せる新井、鳥谷、城島などは、負傷しても試合に出続けたため、肝心なときにコンディションを落としてしまった。

いずれにしても、今回記録が途切れたことで、ベンチの用兵の自由度が上がる。これは間違いなくプラスに働くはず。
また、ベスト(ベター)コンディションで試合に向かうことができるという点で、金本自身にとってもプラスになると思われる。
肩はまだまだ長引くだろうが、打つことに専念するなら、いくらでも活躍の場はあるだろう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[ 2011/04/16 13:01 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

NPB 順位予想 2011


恒例の順位予想です。
もう2試合済んじゃいましたが。

【セントラル】
1.阪神タイガース
2.中日ドラゴンズ
3.讀賣ジャイアンツ
4.東京ヤクルトスワローズ
5.広島東洋カープ
6.横浜ベイスターズ

【パシフィック】
1.埼玉西武ライオンズ
2.福岡ソフトバンクホークス
3.オリックス・バファローズ
4.東北楽天ゴールデンイーグルス
5.北海道日本ハムファイターズ
6.千葉ロッテマリーンズ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[ 2011/04/14 10:56 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

人形遣いの影盗み/三木笙子


長々と放置してしまいました。
いつもお運びの皆さん、申し訳ない。

というわけで、「帝都探偵絵図」シリーズの第3作。

人形遣いの影盗み (ミステリ・フロンティア)人形遣いの影盗み (ミステリ・フロンティア)
三木 笙子

東京創元社 2011-02-11
売り上げランキング : 267853

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


えーーーーーーと。

……ほとんど忘れちゃったよ。
下宿の話とロータスの話をなんとなく覚えているくらい。

ミステリ系エンターテイメントというより、これはもうラノベですね。
ラノベが悪いとはいわないけど、ミステリフロンティアだからなあ…。


読了:2011/3/19
採点:☆☆☆


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


[ 2011/04/09 15:25 ] | TB(0) | CM(2)
月別アーカイブ
フリーエリア