鳥/ダフネ・デュ・モーリア


ヒッチコックの同名映画の原作、を表題作にした短編集。
道尾秀介がエッセイ『プロムナード』の中で、収録作品のひとつに言及しており、それに惹かれて読むことにした。


鳥―デュ・モーリア傑作集 (創元推理文庫)鳥―デュ・モーリア傑作集 (創元推理文庫)
ダフネ デュ・モーリア Daphne du Maurier

東京創元社 2000-11
売り上げランキング : 52310

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


収録作はいずれも"珠玉"というに相応しい名品ばかり。
ここまではずれのない作品集というのも珍しい。

中でもイチ推しは『恋人(KISS ME AGAIN, STRANGER)』。
原書ではこのタイトルのようだが、納得。
ちょっとホラーな味付けではあるものの、紛れもないボーイ・ミーツ・ガール!

次点は『モンテ・ヴェリタ』。
完成度では確かに抜けていて、こちらを推す声も多い。
イタリア語ですかね。「真理の山」という意味らしい。
宗教臭が苦手な自分だけど、これは楽しめた。美しい。

そして、道尾秀介が短編ベスト3に挙げていた『動機』。
クイーンにも同名作があって、それなりに評判も高いので「へえ~」と思ったが、モーリアのほうだった。
でもこれ、現代の読者には筋が読めてしまうだろうなあ。
それでも、探偵がある女性の死の真相に迫っていくプロセスはスリリング。ドラマ向きかもしれない。

残念なのは、やはりタイトルですかね。
これまで手に取らなかったのは、『鳥』のイメージが強すぎたから。
動物パニック作品集と思っちゃうじゃんw
そりゃ、『恋人』だったら、一般読者には見向きもされないかもしれないけど。

読了:2014/4/20


道尾さん、ありがとうございます。
お陰様で、素晴らしい作品集に出会えました。

([み]4-1)プロムナード (ポプラ文庫 日本文学)([み]4-1)プロムナード (ポプラ文庫 日本文学)
道尾 秀介

by G-Tools


[ 2014/04/22 08:41 ] | TB(0) | CM(0)

ひさしぶりの吉祥寺


メガネが合わなくなったので、吉祥寺のJINSへ。

ラオックス跡地(だよね?)に入った自転車置き場に愛車を止め、店のあるチェリーナードへと向かった。

西友を通り抜けに使ったのだが、1階がすっかり変わっていて、無印良品もなくなっていた。
(まあ、地元の皆様的には、ずいぶん前のことなんでしょう)

サンロードとその周辺だけとっても、随分と店が入れ替わっている。
それでも、どんな街より懐かしく、身近に感じられるのが、自分にとっての吉祥寺だ。

今や観光地化しているハモニカ横町も歩ってみた。
なるほど…。
あまり、そそられるものなし。地元に住んでいれば違うのかな。

チェリーナードを行くと、相変わらずメンチカツ買う人の行列。

ん? なんか、東急の外観が変わってる!?

メガネのできあがりまで30分あるというので、さらに周辺の散策。

吉祥寺駅前

南北自由通路開通イベントで、こないだの日曜にイングラムが登場した駅北口広場。
ここだけ切りとると、悲しいほどに色気のない街だな…。

自由通路は広くなってましたよ。
南口出たところのスペースも、かなり広くなってた。
(もともとが狭すぎたって話で)

ブックスいずみは、ほとんど昔のまま。レイアウトもね。

そういえば、吉祥寺大通り(この名前、なんかイヤ)のブックオフがなくなってた。
建て替えるのかな?
今となっては、吉祥寺に出る用事って、ヨドバシかブックオフくらいしかないので、とりあえず復活してほしい。

そんなこんなで、30分経ったのでメガネを回収して帰途についた。


…ん?

7,900円のメガネが 8,532円!?

これが、消費税8%の真の力かっっ!


寶焼酎が2杯呑めるじゃねぇか。


[ 2014/04/16 11:48 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)

雪の記録


散る桜と入れ替わりに、世間は一気に春モード。
そんななか、お蔵入りしていた雪ネタで過ぎゆく冬を懐かしもうって趣向です。

2月頭、大雪が降った日に撮った写真。


2013年版
2008年版


2014大雪1

下井草駅南の旧早稲田通り路上。道行く車もほとんどなく…。


2014大雪2

電柱まわりに集めた雪に誰かが穴を掘っていたので、そこに入ろうとしたら…サイズオーバー。


2014大雪3

うちの近所。まだ誰も踏み荒らしていないまっさらのスペースにダイブ!


[ 2014/04/07 11:16 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)

2014年3月の読了本


数年前までは、エープリルフールネタをそれなりに仕込んで楽しんでいたんだけど、最近はいまひとつノらなくなってしまった。これも加齢か?

今年の4/1も、平常モードで先月の読了本を。
別に何も仕込んでないから、じっくりチェックしなくていいからね(笑)。


2014年3月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2810ページ
ナイス数:3ナイス

([み]4-1)プロムナード (ポプラ文庫 日本文学)([み]4-1)プロムナード (ポプラ文庫 日本文学)
読了日:3月29日 著者:道尾秀介
最新ベスト・ミステリー 現場に臨め (カッパ・ノベルス)最新ベスト・ミステリー 現場に臨め (カッパ・ノベルス)
読了日:3月28日 著者:
増補 幕末百話 (ワイド版岩波文庫)増補 幕末百話 (ワイド版岩波文庫)
読了日:3月20日 著者:篠田鉱造
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
読了日:3月20日 著者:三上延
七人の敵がいる七人の敵がいる
読了日:3月18日 著者:加納朋子
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
読了日:3月18日 著者:三上延
首折り男のための協奏曲首折り男のための協奏曲
読了日:3月14日 著者:伊坂幸太郎
現場刑事の掟 (文庫ぎんが堂)現場刑事の掟 (文庫ぎんが堂)
読了日:3月9日 著者:小川泰平
ぐるぐる猿と歌う鳥 (講談社文庫)ぐるぐる猿と歌う鳥 (講談社文庫)
読了日:3月8日 著者:加納朋子

読書メーター



[ 2014/04/01 11:14 ] 読了本 リスト | TB(0) | CM(0)
月別アーカイブ
フリーエリア