「ゼロの焦点」からの立川


『ゼロの焦点』を読んでいたら米軍立川基地が出てきた。

『シン・ゴジラ』で後半の拠点となる立川広域防災基地も置かれているあのあたりは、かつて陸軍立川飛行場やら陸軍航空工廠やらがあった場所で、敗戦でアメリカに接収されて同基地となると、返還までずっと日本の中の異国だった。米兵相手のパンパン(私娼)が清張の作品では重要な位置を占めており、当時の状況をうわっつらではあるが窺い知ることができる。

基地(の土地)が全面返還されたのは1977年(昭和52年)だそうだ。
自分が12才のとき。なので、それから3、4年後の話になる。

都立武蔵高校への進学が決まり、入学に備えた健康診断があった。とあたかも紛れようもない事実のように書いているものの、↑こんな昔の話なので記憶違いかもしれない、それを前提に話を進めさせてもらうが、その健康診断が行われたのが立川基地跡地だった(たぶん)。

立川で降りたのは、それが人生で2回目だったはずだ。
最初はやはり中3のときだったと思う。あるいは中2だったか。日本育英会が立川の南側にあり、そこに面接に出かけて以来のことだ(資格取得のためには学業成績と親の収入が主に参照されるほか、育英会に出向いて集団面接と討論みたいなのもやらされる。大学進学時も同様だった)。ただし今度は北側である。闇市の名残りのような雰囲気のあった南とは違って、当時からけっこう栄えていたような気もするが、地元民でないので記憶の改ざんがあるかもしれない。これまた記憶違いはご容赦願いたい。

ともあれ健康診断だ。
それが指定された場所に行ってみて驚いた。何もないのだ!

俗に言う、東京ドーム●個分ってやつだ。そんなスケールの空地が広がっているのだ。

以前は飛行場の関連施設、あるいは住居区なんかもあったのかもしれない。よく知らないが、そうしたものを撤去してスケルトン状態で返還したということなのだろうか。
そしてそんな広大で、殺風景な土地に、ポツンと廃屋が建っていた。

こんな感じだ。

会場?は2階にあり、歩くとガン、ガンと音が鳴る古い、錆びた外階段を上がって入っていった。その中央に、係員が座る簡易な事務机と身長計が置かれている。実にシュールw

似たようなシチュエーションで検査を受けた人にあまり出会わなかったので、もしかしたら差し替え(当時の都立入試は受験校を一度だけ変えられた)の生徒だけに臨時で行われたものなのかもしれない。

就職したゲーム開発会社の所在地だったり、付き合っていた相手が住んでいたりと、その後もそれなりに縁のあった立川だが、20代の後半にWINSに出かけて以来、降りた記憶がない。今や吉祥寺を上回る、都下では最多乗降客を誇るまでになっているようだが、そのうちふらっと遊びに行ってみようか。むろん、かつての面影などかけらも残っていないだろうが。

[ 2017/08/21 16:15 ] 昔のはなし | TB(0) | CM(0)

黒猫



中学時代の友人Kには、都立調布南高校に通う兄がいた。
その縁から、同校の文化祭に出かけたことがあった。
たぶん中2の頃だと思う。

さすがに40年近く前(!)のことになるので一本筋の通った記憶は残っていないが、断片的なものはいくつかある。そのうちのひとつが『黒猫』だ。
ポオの恐怖小説『黒猫』の芝居を、何年何組かは忘れたが体育館で演し物としてかけていたのである。

まさに横溝ブームのただ中であり、クリスティ映画も連続して海を渡ってきていた当時のこと。すっかり影響を受けた自分はご両所の作品を何冊か読んではいたが、まだ自分の中に「ミステリ」「推理小説」といった意識はなかった。そして、その手のジャンルの始祖がポオという作家であることも、おそらく知らなかった。
なので、なんでその芝居に興味を惹かれたのかは今となっては不明である。
あるいは前後にバンド演奏があったので、そこにK君の兄が出演していたとかいう話だったのかもしれない。

とまれ問題の芝居だが、よくできていたと思う。舞台演劇にまるで興味がなくこの歳まで来た自分が(従って当然サンプル数は僅少)、唯一面白いと思った芝居でもある。

この記事のカテゴリー、「本」にしようかと思ったけど、いい機会なので新たに「昔のはなし」というのを立てました。
回顧(懐古)話もそれなりに出てくる歳になったしね。


ノア2017-02-04(2)

うちの黒猫。昨日、4才になりました。


[ 2017/08/15 11:35 ] 昔のはなし | TB(0) | CM(0)

ポンタ ep.2


去年ご紹介したのと同じローソン店舗で先日あった出来事。

やっぱりエネルギー補給のためにおにぎりと、仕事中になめるアメちゃんを買おうとしたときのこと。財布からポンタカードを出そうとしたら、これが古いうえに扱い悪いこともあり、ぺろんと表裏に剥がれちゃったんですよ。
なもんで、「あー、こりゃダメだな。カードはいいです」と財布に戻そうとしたら、おそらくネパール人と思われるバイトの女のコが、「だいじょうぶですよ」と言うや、ぼくのカードを手に取り、セロテープでペタペタ補修を始める驚きの展開。

けっきょく彼女、テープで四辺を貼り付けてくれたわけですが、あまりに丁寧に作業するもんだから、後ろのレジ待ちの客がキレたりしないか心配になってしまいました。

ともあれ、ありがとう。
バイトのコ、あんたはえらい!


ぽんた2
[ 2017/08/10 15:02 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)

GAMBA ガンバと仲間たち


斎藤惇夫『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』の2回目の映像化ということになるのかな。最初の映像化となった、名作中の名作アニメ『ガンバの冒険』を踏襲しているところもあり、とするとリメイクなのかもしれない。

子供向けで、おまけに尺が短いこともあって、展開が慌ただしい。ノロイ島へのプロセスや、イタチ一派内のゴタゴタなども端折っているので、あっという間にクライマックスがやってくる。
といった具合に物語にタメがないので、原作なり『ガンバの冒険』を知らないと、キャラクターにじゅうぶん感情移入できない可能性がある。

それ以外は、けっこう良くできたアニメではないかと思う。
声優陣もいい感じだし、野村萬斎もオリエントの勝呂を彷彿とさせる(時系列としてはこちらが先か)調子で、楽しそうにノロイを演じている。

にしても構想15年、総製作費20億円かけた結果が最終興収3億円というのはさびしい。ソフト販売でいくらか取り返せるのかな。余計な心配か。


GAMBA ガンバと仲間たち(スタンダード・エディション) [DVD]GAMBA ガンバと仲間たち(スタンダード・エディション) [DVD]

ポニーキャニオン 2016-07-06
売り上げランキング : 6348

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[ 2017/08/10 14:24 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

聲の形


問答無用の傑作といっていい原作コミックを、どこまできっちり映像化してくれるのだろう。
なにしろ、ヒロインは先天的に聴覚障害を持った女の子。コミックからアニメーションへと表現方法が変わることで、作品世界を壊すような致命的なエラーが起きるんじゃないか。
そんなおそれもあって劇場に足を運ぶ勇気が持てなかったんだけど、そんなこと考えた自分を、今はただただバカヤローと言いたい。

このアニメは単独の作品として見ても、コミックの映像化としても、紛れもない傑作。
原作の、人によっては(たとえば自分)余計なエピソードでしかなかった映画づくりをばっさり削ったこともそうだけど、ここまで巧みに、美しく再構成されては文句のつけようがない。
いや、文句はちょっとあるけどねw やはり尺が短いのでキャラの掘り下げが甘くなっているあたりなど。
まあ、ささいなキズだ。

たとえば『この世界の片隅に』は、アニメをふだん見ない人でも受け入れられるアニメの典型だと思うんだけど、この作品はアニメ好きにこそ訴求するつくりになっている。ような気がする。それが惜しい。ひとりでも多くの人に観てもらいたいだけに。


映画『聲の形』Blu-ray 通常版映画『聲の形』Blu-ray 通常版

ポニーキャニオン 2017-05-17
売り上げランキング : 227

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



[ 2017/08/08 02:27 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

2017年7月の読了本


『拾った女』以外は再読です。


7月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:2704
ナイス数:0

火車 (新潮文庫)火車 (新潮文庫)
読了日:07月25日 著者:宮部 みゆき
楽園 下 (文春文庫)楽園 下 (文春文庫)
読了日:07月17日 著者:宮部 みゆき
楽園 上 (文春文庫)楽園 上 (文春文庫)
読了日:07月15日 著者:宮部 みゆき
拾った女 (扶桑社文庫)拾った女 (扶桑社文庫)
読了日:07月10日 著者:チャールズ ウィルフォード
虚像の道化師 (文春文庫)虚像の道化師 (文春文庫)
読了日:07月08日 著者:東野 圭吾
ガリレオの苦悩ガリレオの苦悩
読了日:07月04日 著者:東野 圭吾

読書メーター


[ 2017/08/02 01:07 ] 読了本 リスト | TB(0) | CM(0)
月別アーカイブ
フリーエリア