FC2ブログ
月別アーカイブ  [ 2018年02月 ] 

1984・冬の想い出


先週の雪。東京では4年ぶりのまとまった積雪だったらしい。
そう聞いて、なるほどあのときはそうだったと思い出せるのは、祖母がその年の2月に世を去ったから。履き慣れぬ革靴で、セレモニーホール前の凍結した坂道をヒヤヒヤしながら下った記憶もあわせて喚起される。
余談だが、積もるほどに雪を降らせた寒い冬というのもあったのだろう、焼き場も渋滞を起こして確か3日待ちだったはずだ。

今年は記録的な豪雪が全国を襲っているらしい。話を戻せば1/22から翌23にかけて東京で降った雪が、10日経っても都内ですら解けずにおり、そうこうするうちに次の降雪に見舞われる展開となっている。雪国ならともかく、都市とっては立派な雪害といえよう。
このような状況は、1983-1984の「五九豪雪」以来だという。振り返ればその頃、自分は高校最後の時間を過ごしていた。KOの文B入試は雪で1時間遅れのスタートだったのを覚えている。
そんななか、クラスの有志10数名で卒業旅行が企画された。場所は河口湖畔。サニーデ・ロッヂ(たぶん現在はこれ)という宿泊施設でコテージを借りたのだが、一泊二日の初日に我ら一行を襲ったのが当時「観測史上2位」の積雪。降り始めは夕方近かったのだが、あっという間に降り積もり、自分などは木材置き場から適当な板を見つけだしてきて、「ボブスレー!」とかいって坂を下って遊んでいた(今になって思えば「リュージュ」が正解ですね)。

1984雪

ほとんどの仲間が受験を終え(落ちた人は厳密には終えてないのだが)、その反動もあってかせいぜい酔っ払った夜だった。深夜、男1名が姿を消し、心配した面々が足跡をたどって凍結した湖面を追跡したという、なかなか得がたい名エピソードが残されているのだが、残念ながら泥酔した自分は爆睡の最中。蚊帳の外であったのが残念だ。


[ 2018/02/03 15:42 ] 昔のはなし | TB(0) | CM(2)

2018年1月の読了本

1月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:2468
ナイス数:0

ルパンの消息 (光文社文庫)ルパンの消息 (光文社文庫)
読了日:01月28日 著者:横山 秀夫
窓から見える最初のもの窓から見える最初のもの
読了日:01月20日 著者:村木 美涼
この世の春 下この世の春 下
読了日:01月16日 著者:宮部 みゆき
この世の春 上この世の春 上
読了日:01月14日 著者:宮部 みゆき
皇帝と拳銃と皇帝と拳銃と
読了日:01月10日 著者:倉知 淳
真珠郎 (角川文庫 緑 304-16)真珠郎 (角川文庫 緑 304-16)
読了日:01月05日 著者:横溝 正史
有栖の乱読 (ダ・ヴィンチブックス)有栖の乱読 (ダ・ヴィンチブックス)
読了日:01月01日 著者:有栖川 有栖

読書メーター



[ 2018/02/03 15:41 ] 読了本 リスト | TB(0) | CM(0)
月別アーカイブ
フリーエリア