FC2ブログ

いつ以来だろう野球ネタなんて


ここ数年、仕事が夜型になったせいでNPBのリアルタイム情報がまったく追えていない。
たまにネットニュースで順位だの個人成績だのを確認する程度。
そんな状況(プロセスが飛んでいる)なので、今回のヤクルトの連敗には驚いている。

昨朝のスポーツ紙(web版)に、これまでのNPBの連敗記録が載っていた。
1位のロッテの連敗は、ジョニー黒木の涙と合わせて今も思い返される、印象深い出来事でしたね(遠い目…)。

1位 18 ロッテ(1998年)
2位 16 ヤクルト(1970年)
3位 15 中部日本(1946年)
〃 15 南海(1969年)
5位 14 大洋(1955年)
〃 14 日本ハム(1984年)
〃 14 横浜(2008年)
8位 13 広島(1999年)
〃 13 西武(2015年)
〃 13 巨人(2017年)

そして昨日の試合結果を受け、東京ヤクルトがベスト10入りしたことになるわけだけど、ひとまずそれはさておき、こうして見て意外なのは、我らが阪神タイガースの名前がないことw

最下位の常連だった大低迷期(1980年代末~1990年代)でも、ここまでの大型連敗はなかったんだね。

理由はシンプル!? ファンが言うことじゃないかもだが、負け慣れしている、に尽きるのではw
"負けに不思議の負けなし"で、いつも負けるべくして負けているので、変に反動が生じないんでしょう。

その点、今年序盤のヤクルトは、額面が内実にそぐわなかったのかもしれない。それで不思議の勝ちが続いた反動をいっぺんに受けている、とか。
勢いまかせであっても連勝が続くうち、いつの間にか内実が額面に追いつくこともあるので一概には言えないけど、今回はあまりに極端なのでそんなことを思いました。

[ 2019/05/30 15:57 ] スポーツ | TB(0) | CM(3)

横山三国志


おなじみ横山光輝の『三国志』。全60巻。

三国志1

三国志2


むかしは、ここから光栄の『三國志』に進む人も多かったよね。
自分も20代の初めにハマって、おもに古本で買い集めた。

大半は、吉祥寺駅南のバスが入ってくる道にあった(パークロードと今は言うらしい)、東てる美の「まんが堂」という中古コミック店で購入したもの。まんだらけの走りみたいな店だね。そこで、レジ脇に積んであったのを、行くたびに数冊買って帰っていた。
(※余談。店があったのは鳥良とか大戸屋の入っているビル。入口のプレハブみたいな一角で営業していた。「まんが堂」はチェーンとして今もあるらしい)


で、このコミックスを、今回処分することにした。
自炊や、あるいはヤフオク!などで売ることも考えたんだけどね。前者は手間を嫌い、後者はほぼ儲けが出ないことが予想されたので取りやめ。
とはいえ、かなりの熱量を持って集め、おまけに何度もくり返し読んだ本を即資源ゴミ行きはためらわれる。そこで、マンガを読みそうな仕事仲間に声をかけてみることにした。話を持ちかけると興味を持ってもらえたので、現在は再読しつつ、何回かに分けて持っていっているところであります。

さて、そのさなか、ちょっと気づいたことというか思い出したことあり。
まずはこれをご覧ください。

三国志3

36巻が2冊ある!?

三国志4

というわけではなく、うち1冊は中身が35巻なんだよね。

なんでこんなことになっているかというと、買ったときからこうだったw
読んでいくうちに違和感をおぼえ、巻数を見たら……という次第。

ちなみに、これを買った店もおぼえている。
同じく吉祥寺パークロードの、今なお健在な「古本センター」!

基本、もめ事を嫌うわたくしですから、怒鳴り込むようなことはせず、あきらめてもう1冊、今度はホントの36巻を買ったのでした。
以来、カバーつきの本を古本で買うときは、必ずカバーと中身を付き合わせるようになったとかならなかったとか。

というわけで、再読は52巻まで来ました。
"五丈原"が近づいてきた……。


[ 2019/05/28 15:02 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

異常体質


クレジットカードを使おうとしたところ、いきなり読み取りができない事案が発生した。つい先日のことだ。

カードで買い物をすることは稀だとしても、使えないではいざというときに困る。そこで読み取り精度が最も高いであろう(想像)銀行で再度試してみたが、やはりダメ。備え付けの電話でアドバイスを求め、そのとおりにしても結局読み取れなかったので、カード会社に連絡して再発行してもらうことになった。

それから2日ほど後。ロトを買おうとみずほのATMに出向いたのだが、なんということでしょう、これまた読み取り不可と来た。
2枚のカードは、いずれもスマホケースに入れていたもの。ケースのマグネットか、あるいはスマホ自体がいたずらした可能性も皆無ではないが、それにしたって当該2枚は使用期間に大きな差がある。それが同時にダメになるとは思えない。ならばスマホをどこかに置いたとき、そこにあった強力な磁力を帯びた"何か"が同時に作用したと考えるよりない。で、考えることにした。

ところがまた数日経って、三井住友のATMから入金しようとしたところ、なんとこれまた磁気不良で読み取りができなかった。三井のカードは普段は持ち歩かず、スマホケースに入れたこともない。それに問題のカードも、ミドすけなるキャラがプリントされた新しいデザインのやつで、作ってまだ数か月しか経っていない。

こうなると原因は我が身にあるとしか思えない。自動ドアや手洗い場のセンサーになかなか感知してもらえぬ一方、カードを片っ端から磁気不良に追い込む異常体質!

これからは、カードを使うとき、いちいち使えるかどうかビクビクしなければならない。早くキャッシュレス社会にならんものかな。


[ 2019/05/26 13:47 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)

ようこそ内覧に


今回の『きのう何食べた?』(原作)は、シロさんの実家の売却話。
それで生家といってもいい、20才過ぎまで住み暮らした家を売りに出したときのことを思い出した。

ストーリー中でも再現されていたが、中古家として売りに出す際は、たいてい購入希望者の内覧がある。
うちにも当時、何家族かがやってきた。

問題はそのときの、我が部屋の惨状w
プータロー時代でメンタルが不安定(これは今もか)、それに加えて体調も今ひとつで(まあ気の病でしょう)、バイトに出る以外は万年床にもぐって一日を過ごしていた。たしかパンツ一丁でw


三鷹の家2

三鷹の家1

枕元にスタンド置いているあたり、万年床感がいや増しますねw

これは引っ越し直前の部屋の様子。これほどではないけど近い状態のとき、まさにこの布団で横になっている最中、内覧に来た3人家族が部屋を覗きこんできたことがあった。
事前に伝えろよっ、親!

そしてその翌年、昭和64年(平成元年)、我が家は昭和35年から住んでいたという東京都三鷹市をあとにし、千葉県松戸市へと引っ越したのでした。

思えば実家が経済的に苦境にあったとき、引っ越しは心機一転の意味もあったのかもしれない、あるいはやむにやまれぬ事情が親にはあったのかもしれない。それはまだ学生の自分には知る由もないことではあったが、いずれにしても家は、借地ながら借金を返し、おまけに新居の頭金が出るくらいの価格では売れたらしかった。
時はバブル、ということもあるにしろ、今とは隔世の感がありますな。

[ 2019/05/25 14:32 ] 昔のはなし | TB(0) | CM(0)

バーニング・アイス


"中国の東野圭吾" 紫金陳の人気シリーズ「推理之王」の第1作『無証之罪』を、中国の動画配信会社「愛奇芸(IQIYI)」が映像化したクライム・サスペンス。いわゆるネットドラマではあるんだけど、日本におけるそれとはケタ違いの完成度だった。



※こちら原作


雪に覆われたハルピン市内で、男の絞殺死体が見つかる。奇妙なことにその死体は雪だるまにくくりつけられ、さらには「捕まえてください」という貼り紙が。4年前から断続的に続く雪だるま殺人のそれが5番目の被害者だった。事件の早期解決を目指す当局により、現在派出所勤務の元刑事、"閻魔"の異名を持つ厳良に白羽の矢が立つ。

序盤は"中国の東野"の触れ込みなどもあり、『容疑者Xの献身』をイメージしながらの視聴になる人も多いだろうが、中盤からストーリーは思わぬ――というほどでもないけど、当初予想から外れる展開を見せ始める。その中でキャラクターの相関図には新たな矢印が放たれ、その先に驚きの人間関係が生じる一方、双方を結ぶ線の太さや色合いも時を追うごとに様々に変化していく。この変化のテンポが実に良く――そう、心地良く、昔の日本ドラマに見られたような「わざとらしくなるかならないかギリギリの線をついた伏線や引き」と相まって、読書でいうところの巻を措く能わざる緊張感をはらんだストーリーになっている。
幸い今回は録画したものを一気見できたけど、これを週イチの連ドラ設定で観ていたら、えらい焦れったかったろうなあ…。

放映局のBS12(トウェルビ)が製作総指揮の韓三平をクローズアップしているのは、スタッフやキャストが日本ではなじみのない名前ばかりだからだろう。だが、そんなことを気にする必要はない。観ているうちに、それぞれの役(役者)に愛着が沸いてくる。これは逆に、既知の見慣れた顔ぶれだったら起きづらい現象かもしれない。
社会の光と闇のコントラストが経済成長期の日本を思わせる極寒のハルピンも見どころ。陰鬱なこの作品の舞台として、ムードづくりに大いに役に立っている。
原作の第2作も出ているようだし、ドラマも第2弾に期待したい。

余談。netflixオリジナルなど配信系のドラマを何本か視聴して思ったことだが、ダウンロードコンテンツにこれほどの水準の作品を投入できるということに、単純に羨望を覚える。様々な制約によって先細る一方の我が国のドラマシーンと比較し、海の向こうは本当に元気なことだ。経済や外交より、文化の方面で斜陽を実感したとき、もうそれは後戻りできない国家の衰退期に入っていることなんだろうな。20世紀に入った頃のイギリスの皆さんも、同じことを思ったのだろうか。


[ 2019/05/22 12:21 ] ドラマ | TB(0) | CM(3)

四文屋「なん八」改メ「二間四方」


高円寺のガード下 四文屋〈なん八〉が一日だけ休んでの部分改装。
という話を聞いたので、ちょいと覗きにいってきました。

二間四方2

店内は一枚板のテーブルと長椅子が基本。
店名も〈二間四方〉に変わりました。


二間四方3

厨房をオープンにしたのは、働いている皆さんには好評みたいですね。
デカい冷蔵庫をなくして、鉄板下に配したのも、肉がとりやすくて楽とのこと。


二間四方1

二間四方4

なお、業態は変わらずの大衆鉄板。準200円均一は維持しつつ、牛ステーキなど一部メニューは値上げ。

でもって、それ以上に大きな変化は、ホッピーを除いて「外/中」スタイルがなくなったこと。
サワー類は350円のショット売りになり、2杯飲んだときの値段が600円→700円(ともに税込み)となりました。
四文屋チェーンの基本スタイルながら、やはりサワー飲みの皆さんにはショックかも。


二間四方5

というわけで、今日も冷製センマイからスタートです。
いただきます!

[ 2019/05/19 11:38 ] 飲み屋・酒 | TB(0) | CM(0)

さよなら、ドラちゃん


我が家に10年以上前からあったドラえもん温冷庫。
今のところに住むようになってから押し入れに放りこみっぱなしだったのを、ついに不燃ゴミに出しました。


ドラとキティ

ドラちゃんの在りし日のお姿。左端は結婚祝いということで飲み屋のママさんに貰った加湿器。
センターはまだまだ健在、我が家の最長老猫キティになります。若い!


ドラとノア

こちらは故ルナ(昼寝中)とのツーショット。


そもそもは根津の駅前で古書店を営んでいた〈桃李〉さんから譲られたもの。
阿佐ヶ谷に越してくるとき、アート引越センターから貰ったそうです。

Amazonやヤフオク!にもそれなりの価格で出てたりするんですけどね。
家電製品としては安全に使用できる期間を過ぎているような気がするので、処分することにしたのでした。
ちなみに、"温"モードで一度だけ使いました。


ドラちゃん

おまけ。飲み屋で見かけたドラえもん。


[ 2019/05/09 12:44 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)

リレー小説


今日はゴムの日だとか。語呂合わせだねw

そこからの連想で、こんなのを高3のクラス文集に書いたことを思い出しました。


ゴム人間

いわゆるリレー小説ですね。
発案者であり、積極的に執筆もしました。書いたのはおもに授業中。

リレー小説に初めて挑戦したのは中1のとき。
パートナーはクラスメートのツモトくん。原稿用紙に手書きしたものを黒板脇にぶら下げて、みんなに読んでもらってました。
互いにむちゃくちゃな引きにし、それをどう受けるかが醍醐味だったな。
見るよりやる、読むより書く、がこの手の遊びのキモで、とても楽しかった記憶があります。


[ 2019/05/06 12:18 ] 昔のはなし | TB(0) | CM(0)

2019年4月の読了本


4月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:2068
ナイス数:0

夜の蝉 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)夜の蝉 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
読了日:04月28日 著者:北村 薫
空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
読了日:04月25日 著者:北村 薫
四十きょろきょろ四十きょろきょろ
読了日:04月22日 著者:出久根 達郎
ノヴァーリスの引用 (集英社文庫)ノヴァーリスの引用 (集英社文庫)
読了日:04月14日 著者:奥泉 光
すべてがFになる (講談社文庫)すべてがFになる (講談社文庫)
読了日:04月08日 著者:森 博嗣
煙霞 (文春文庫)煙霞 (文春文庫)
読了日:04月01日 著者:黒川 博行

読書メーター


[ 2019/05/01 11:31 ] 読了本 リスト | TB(0) | CM(0)
月別アーカイブ
フリーエリア