大腸ガン検診は2本セットが必須です


本業が痩せ細る一方なのでWワークで夜のバイトをしているわけですが。
業態としては医療系になるかな。
ものすごく簡単に言うと、契約している医療機関から運ばれてきた検体を受け付けて、検査機関に流す仕事。
そこには皆さんおなじみの、こんなやつも搬入されてきたりします。





大腸ガン検診に使うやつで、通称はOCヘモ(便中ヘモグロビン)といいます。

これ、ご存じのように、たいてい2日で1セットとなっています。
なので受け付けするときも1患者あたり2本来るのが通例なんですが、たまに1本が未使用(と思われる)状態のものが混じっていることがあります。名前等も未記入の、一見してまっさらなただの容器です。

ここが悩みどころで、仮に未使用であっても病院からの依頼書には2本分で記載されているので、こちらとしては廃棄するわけにはいきません。といって、未使用品をそのまま機械的に流していいものか、と現場の人間は考えるわけです。
そこで、上にお伺いを立てることになる。でもって集配担当もしくは回収先の病院に問い合わせたりすることもある。

正直、面倒です。忙しい中、手を止めなきゃならないし。

そんな検体に当たっちゃったら、舌打ちのひとつもしたくなるというものです。

で、問題はなんでそんなことが起こるのかという話で。
使わなかったんなら、1本だけ病院に届けりゃいいじゃん。未使用容器は家で捨てるなりなんなりすりゃいいじゃん。そう思ってしまうわけですが。
そんなとき、自分自身の、ぼくの、わたしの区民検診がありました。そこで謎が解けました。


OC(2).jpg


なるほど、こういうことだったか!

2本揃えて出せば大腸ガン検診の既定料金200円で済むのが、1本だけだと1,620円とられる。そりゃあ、未使用でも提出しちゃいますよ。

杉並区、考えたほうがいいんじゃない?


[ 2017/09/05 15:00 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(4)
お久しぶりです
実は昨年にこの検査を受け陽性反応が出て診断の結果安倍晋三氏が罹患している国の難病指定の潰瘍性大腸炎と言われました。諦めて投薬治療を始めたのですが逆に高熱や下痢で具合がわるくなり別の病院で診察を受けたら異常なし。誤診でした。本当に医者と弁護士はピンキリと堀江隆文氏の言う事を納得します。と言うのは最近業務上でトラブルに遭い弁護士に相談に行ったのですが2箇所の事務所で対応の違いに愕然としました。何とか解決できて良かったです。
[ 2017/09/10 12:30 ] [ 編集 ]
遅くなりました
通知を見落としていたようで、コメントに気づきませんでした。
すみません。<(_ _)>

もとい。あけまして、おめでとうございます。
潰瘍性大腸炎は良い薬ができたと聞きますが、それでも難病であることに違いはないので、遠回りしたとはいえ、結果的に誤診で何よりでした。医者や弁護士こそ、ピンキリあっては困る職業なので、最低スキルの底上げをお願いしたいですね。
今年もよろしくお願いします。

[ 2018/01/01 16:30 ] [ 編集 ]
人間万事塞翁が馬
あけましておめでとうございます。
弊ブログへコメントありがとうございました。

早いもので一昨年の出来事なりました。

潰瘍性大腸炎「難病指定」でそのまま投薬治療を『一生』継続していたと思うとゾッとする訳です。

その某担当医師ですが、僕は不信感を抱いたために何らかの理由をつけて転院したいので「紹介状」の依頼をしました。その時に某医師はかなり顔色が変わったのが印象的でした。

その後暫くして当該病院のウェブサイトを見ると医師一覧表に名前はなく別の病院に行ったようでした。

話にはオチがあり、転院後に再度大腸内視鏡検査を2度もするはめになりました。結局「誤診」を仲間である医師が肯定することはタブーであることを実感しました。

何せ検査中に別の医師が同じモニターを見ながら「あなたの大腸は綺麗ですね」と言われる始末。唯一の原因としては冬場の水分不足で排便の時にかなり力を入れたことが思いあたります。



弁護士案件もひどいものです。
「白い巨塔」さながらで最初相談したの60歳前後のやる気にのなさそうな弁護士は僕が訴える内容を鼻で笑う始末。

次の弁護士は40歳前後の若い方で前のめりで聞いてもらえました。
結局、後者の弁護士の尽力で何とか解決に至った訳です。

司法改革により弁護士格差が言われていますが、身に染みた経験でした。
[ 2018/01/04 18:43 ] [ 編集 ]
Re>人間万事塞翁が馬
こんにちは。コメントありがとうございます。
今回は意識的に設定画面をチェックに行ったので無事気づけましたが、やはり通知が届きません。
ワンステップかまして転送しているせいかな?
次の更新のときにでも通知先を変更する予定です。

そういえば、
ポリープ除去の処置ミス(血管を傷つけた→クリップ不足)で2週間近く入院したことがあるのですが、翌年検査に行った病院は再出血をくり返した理由を「飲み過ぎ」としてましたからねw
誤診かどうかはともかく、よその医者を悪くいわないのは、業界マナーなのかもしれません。
[ 2018/01/08 14:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア