日本シリーズ終了

千葉ロッテマリーンズのファンの皆さん、おめでとうございます。

4戦は、日本シリーズ前に大部分の野球ファンが想像していたような点差で、ようやくまともな試合になったか、という感じではあったけど、要所でマリーンズの好守、タイガースのミスが出て、やはりこのシリーズの流れは最後まで変わらなかったという印象。
前者ではフランコの守備がポイントで、後者ではやはり2つの送りバント失敗が致命的だった。特に2つ目、最終回の矢野のバント失敗は久慈のミスと合わせ技で、自分で自分の首を絞めてしまった。
この点、岡田監督の明確な采配ミスで、高プレッシャー下でのバントを成功できるくらいならエンドランだってできるはずだ。大体、3連敗してリーチがかかったところでとる作戦ではないだろう。ヒッティングでゲッツーの方がまだマシだ。
来年もこの顔合わせになる可能性は高いので、苦手意識をつくらないためにも、負け方が非常に大事なのに…。
この一点のみで、岡田が辞任してもおかしくないとぼくは思っている。

顧みて、シリーズ通じてスコアほどの実力差があったとは思えない。
マリーンズは強かったが、明らかに上回っているのは先発投手陣と内野守備くらいで、今江のラッキーボーイ的活躍などは、短期決戦なので鳥谷や関本がそうなってもいたとしてもおかしくない突発的な出来事、勘定に入れるものではない。
それが、ここまで一方的になったのは、タイガース側から見れば、

「先発ローテーションの誤り」

これが大きいのではないかとぼくは思っている。
井川はシーズン通して、信頼できるピッチングをしてこなかった。ここは下柳を軸にするのが、誰が見ても正解。
シーズン中のローテーションを崩すつもりはないというなら、それこそ2戦目は下柳にするべきで、安藤を投入したのも失敗。
3戦目、実際に下柳はきつい立場ながら試合をとりあえず壊さなかった。彼を初戦に回していれば、少なくとも10点とられることはなかったろうと思ったファンは多いはずだ。

九仞の功を一簣に虧く、というか、ペナントレースはいったいなんだったんだ。セ・リーグの他球団に顔向けできないでしょう。

そんなこんなで、ちょっとガックリきた日本シリーズではあったが、ここは速攻で切り替えて(反省はしなきゃだけど)、今日からは来年の連覇に向けて歩き出してほしい。

で、来年だけど、
Tomo-sさんも書いておられるが、野手の世代交代がうまくいくのだろうか、という危惧がないでもない。
特に矢野の次、というのを考える時期に来ていると思う。

ともあれ、2006年こそ日本一だ!
[ 2005/10/27 12:39 ] スポーツ | TB(0) | CM(2)
敗軍のファン、兵を語らず(^!^;)
第4戦は緊張感のある良い試合でしたね。阪神が逆転してればもっと良かったのですが(^!^;)。1点を争うゲームで、2つも送りバントの凡ミスがでれば負けますわなぁ~。

監督采配をいまさら言ってもしかたがないのですが、セオリーを押し通した岡田監督が定食メニューとすれば、バレンタイン監督は見事な日替りメニューで臨機応変を絵に書いたような采配ぶりでしたね。表現を変えれば、浪花節野球とジャズ野球といったところでしょうか(^!^;)。
井川や、一昨年の伊良部を外さなかった、あるいは外せなかった浪花節的な人情野球はペナントレースのような長期戦では重要な意味をもつと思うのですが、日本シリーズのような短期戦では反って仇になるんだな~と実感したようなシリーズの戦いでしたね。

でも、いまでもどちらが本当にチームにとって良いのかは図りかねています。瀕死の日産自動車がカルロス・ゴーンの徹底的な合理化によって甦ったように、バレンタイン監督の合理的な戦略によってロッテというチームはすばらしいチームになっているようですね。

頑迷さも時としては良いのだけども、岡田監督にももう少しその辺の臨機応変ぶりも身につけてもらいたいなぁ~。

まあ、試合終了後もファンが暴れることもなく平安に終わったのには、阪神ファンの一人として安堵してますし、少しは誇りに思えますね。タイガースファンも大人になったものです(^!^;)。
[ 2005/10/27 16:53 ] [ 編集 ]
タイガースがたくさんのシリーズ最低記録、マリーンズが最高記録をつくった、記録面からは間違いなく歴史に残るシリーズになってしまいました。(^-^;
バレンタインは星野と似たイメージがあります。元から優勝できる戦力が整っていたところに現れて、ちょっとした意識改革だけで結果をかっさらう。育成も調教もできないけど騎手としては一流ということでしょうか。
なにしろ、来年もこの組み合わせ(にドラゴンズとホークスが絡む)になる可能性が高いので、ちょっと岡田には頑張ってほしいです。

それから追記ですが、野村克也がシーズン終了したあたりで、日本シリーズは捕手次第という記事を書いてましたけど、実際にそのようになってしまいました。矢野は1戦目と4戦目の盗塁阻止以外、見せ場がなく、リードは逃げ腰、バッティングは見たとおり。まあ、打つ方はともかく、もう少し強気に投手陣を引っ張ってほしかったです。
[ 2005/10/28 10:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア