FC2ブログ

恋は雨上がりのように


最終巻となった10巻をようやく読了。


恋は雨上がりのように 10 (10) (ビッグコミックス)恋は雨上がりのように 10 (10) (ビッグコミックス)
眉月 じゅん

小学館 2018-04-27
売り上げランキング : 7624

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


不惑を5つも過ぎたバツイチオヤジが女子高生に惚れられるなんて事態が、そうそう起こり得るわけがない。と言いつつ、どこかでそういったファンタジーを望む気持ちを持ってしまうのが男の悲しい性というもの。ただ、平成も終わりに近づいたこの時代に、その手の話が青年コミックの題材として成立してしまうことに驚かされる。それもかなり直球の味付けで。奇をてらわないことがかえって新鮮さを生む。ということなんでしょうか。
それをそうと、主人公のオヤジが40代半ばという設定には、ジャンプ世代への訴求が透けて見え、コミック雑誌の置かれている立場(衰退)を思わざるを得ない。


作品の完結について。この時期というのは、やはり意外だった。
アニメ化され、実写映画化もされ、営業としてはもうひと伸びが期待できるタイミング。連載マンガの長期化傾向には批判的な自分にして、ずいぶん思いきったことするなあと驚かされたもの。何かあったのかな。
各所のレビューでは伏線が回収されてない点に批判が集まっているが、それはさておくにしても、作者の構想どおりとはやはり考えづらい終盤の展開ではあった。ラストは納得なんだけどね。


[ 2018/07/16 12:54 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア