FC2ブログ

ジュラシック・ワールド/炎の王国


「ジュラシック・パーク」シリーズ第5作で、ワールド3部作の真ん中に当たる。
パーク外パートがそれなりの比重を持っている点、または怪物がビジネス目的で人間社会に連れて来られてひと暴れといった、キングコング以来の定番ストーリーなど、位置づけとしては第2作『ロストワールド』に近い。
ぶっちゃけ、パークを出てからは絵面的に閉塞感を覚えざるを得ず(それこそ作中で恐竜たちが味わっている感覚なわけだが)、そのへんがこの手の映画としては減点材料になっている。ただ、3部作トータルで考えると、こうした展開になるのはしかたがない。ずっとパーク内だと、それはそれでワンパターンだしね。

そんな多少の不満はあるにしろ、この蒸し暑い時期、涼をとるにはじゅうぶんの、けっこう楽しめる作品ではあった。用事が詰まっている土曜日に無理やり時間を割いた価値はありました。


ところでユナイテッドシネマとしまえんでは、本作に4スクリーンを割いていた。
4D3D、IMAX3D、2D(吹替)、2D(字幕)のラインナップ。このうち自分らは、スケジュールが合ったこともあるが、やや王道を外れる2D(吹替)で鑑賞したのだが、あまり入ってないだろうという予測を裏切って、ほぼ満員であった。小さなスクリーンではあるにしろ、なんで?と疑問を抱いたものだが、足を運んでみて理解した。今は夏休み。子ども連れは当然、吹き替えだよ。

といったこともあり、家を出る直前にとれた席はここ。


ユナイテッド豊島園
※これは2、3年前に撮ったもの。スクリーンは違うかもだけどレイアウトはたぶん一緒。


残席は予約入れた時点で10を切っていたと思う。ほとんどが最前列w
実際に座ってみて後悔したのが、ここだと首がおそろしく疲れる!
ずっと左上を向いた状態で固定しているわけだしね。
次は考えますw


[ 2018/08/05 14:16 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア