FC2ブログ

そしてミランダを殺す


英国推理作家協会(CWA)賞イアン・フレミング・スチールダガー部門最終候補作となったクライムサスペンス。今年の話題作のひとつですね。





巧みに構成された物語と、存在感ある登場人物像に唸らされた。
人の出入りと同期して物語の転換がおこなわれること自体は珍しくないのだが、そのバランスが絶妙。映像化の話が進んでいるようだが、これを引きと考えると連続ドラマに向いているかもしれない。

どんな仕掛けがあるのかイヤでも意識してしまう邦題のほうがキャッチーな点では優れており、実際に支持する声も多い。ただ、登場人物それぞれに感情移入させることが作者の目的のひとつであることを考えると、原題「殺されてしかるべき者」も決して悪くないと自分的には思いました。




[ 2018/09/28 16:43 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア