FC2ブログ

大腸ポリープ切除をめぐるあれこれ



大腸ポリープを取った。3年ぶり……何回目だったかな? 2リーグ分裂後の阪神タイガースの優勝回数(5回)よりは多いと思う。広島カープ(9回)よりは少ないだろう。たぶん。

まあ、そんなわけで大腸内視鏡検査はよく受ける。1~2年に1回。2008年に処置ミスで10日間ほど入院したときなんて、再処置などもあって超短期間に3回受けたからな。計15回は超えているはず。もうベテランといっていいだろう。

当初は鎮静剤は使わなかった。そんなものがあるなんて知らなかったし、あると知ってからも別料金と言われて、だったら多少苦しくても安い=不使用を選択した。
それを使うようになったのは、E病院で受けるようになってから。担当医に使わないと告げたら「我慢強いのね!」と驚かれた。

そうなのか、そんなに我慢を強いる検査なのか。鎮静剤なしだと。いや、まあ、えらく苦痛だけどさ。う~ん。ってことは、使えばかなり楽になるということなのか? 
そこまで言われちゃ、使ってみたくなる。安酒場なら2~3軒、ハシゴできる金額だけどね(当時)。で、あるとき確かめてみましたよ。

うん、確かに! 楽だわw

という感じで今に至ります。少々高いけど年イチだしね。楽に流れるのは人情というもの?

さて、そんなこんなで内視鏡を入れて、ポリープが見つかって、取りましょう、取った――となったとして。術後1週間(病院による)は食事制限がかかる。
当日+翌日は消化の良いものしか食べてはいけない。たとえばお粥、うどん、タマゴ、豆腐…etc. 刺激物、カフェインはダメ。アルコールは1週間厳禁。これにくわえて旅行や汗ばむ運動、入浴(4日間)なども禁止される。仰々しいけど、術後出血が起こり得るというのは、200人に1人の高確率を過去に引き当てた自分につき、身をもって知っている。
仕方がない。厳しいけど守りましょう。

そんな健康的で禁欲的な生活をしていたら痩せるのではないか?
と思いがちけど、そううまくはいかない。むしろ太る。

だって、お粥とかうどんしか食べられないんだよ! それだけじゃない。酒飲みがアルコールを摂れなくなると糖分が不足して、体が炭水化物を求めはじめる。つまり、普段より余計に食べてしまうのだ。おまけに、それでも足りずにお菓子まで手を出してしまう。

このままだと健康に悪い。早く酒を飲めるようにならないと、今以上にデブになってしまうw 早く過ぎてくれ、1週間!


カール
※近所の酒屋で購入。今は関東では売ってないんだってね。


[ 2018/10/25 12:32 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア