FC2ブログ

若おかみは小学生!(テレビ版)


承前

というわけで劇場版『若おかみは小学生!』を観たわけですが、全24話のテレビシリーズも併行して消化していました。映画を観た段階で16話まで進んでいたのを、その後2日かけて残る8話を一気の視聴(Amazonプライムにて)。
両者は制作会社が同じ、声優も一部を除き(*1)一緒なのに、監督ほか主要スタッフが違うというのがポイントでしょうか。





こちらは日曜の早い時間に15分枠で放映されていたものなので、"子ども向けの朝ドラ(もしくは昼ドラ)"といった作りになっています。が、やはり原作の世界観やキャラ設定がしっかりしているんでしょう、大人が見ても完成度の高い作品です。

各話、実質10分程度。シリーズ通算すれば4時間ほどになりますか。それだけあれば劇場版のように尺を気にせず、じっくり丹念にキャラクターを掘り下げることができる。ピンフリの真月さんはじめ、各キャラと主人公おっことの距離感の変化が楽しめます。これはテレビの連続ものの魅力のひとつでしょうね。
その気になればシーズン2も可能な構成になっているので、関連ソフトや劇場版のセールス次第では続きもありそうと、個人的にはおおいに期待しています。

ところで、女将(峰子)=おっこのおばあちゃんを演じている一龍斎春水。あの麻上洋子の別名ってご存じでした? まるで気づかなかった!? でもって来年公開予定の劇場版新作『シティハンター』で、野上冴子を演るんですってよ!


*1 劇場版で占い師のグローリーさんを演じたのはホラン千秋。テレビ版の放映は公開前なので、"劇場版なので声優を有名どころ?に替えた"という解釈も成り立つけど、そもそも企画立ち上げは劇場版が先。制作スケジュール的にも、テレビのほうがキャスティングがあとと考えたほうがいいかと。つまり、劇場版でホラン千秋をキャスティングしたけど、シリーズもののテレビでは体が空かない(もしくはギャラが高い)ので新進の声優に変更した、というのが正しい気がする。





[ 2018/10/30 13:30 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア