FC2ブログ

「東京発半日徒歩旅行」を読む (2)


「東京発半日徒歩旅行」を読む (2)

気づけば今年も残すところ1週間。
打ち合わせ以外では杉並区からほとんど出ない自分だけに、これっぱかりの日数では、紙上で旅するのがせいぜいだろう。


さきたま古墳群と忍城

忍城は『のぼうの城』の舞台となった場所。本文でもやたら触れられているが、まさか埼玉県にあるとは思わなかった。いや、原作読んでいるので知っていてしかるべきだが、不要な情報なので脳が入力拒否していたのだろう。
攻城戦を戦った石田三成軍は、北条氏の支城にまわされた小田原征伐の別働隊なので、関東のどこかとすぐに連想されて当然のところ、なんとなく中部地方のどこかのイメージで読んでいた。

一方のさきたま古墳群。この呼称には、正直なじみがない。ただ、そのうちの稲荷山古墳となると、教科書なんかを通じて、とたんになじみ深いものとなる。ここから出土した鉄剣のことも、当時最新の考古学的トピックとして、ニュースか、あるいは教科書で最初に目にしたはずだ。

飛鳥昭雄がショックサイエンスで書いていた(うろ覚えだけど)、そういえば。前方後円墳っていうんだから、本来は方形が上半身。つまり丸いほうは下(後ろ)なんだよね。なんとなく、スカートをはいたヒトガタ(デフォルメ)に見えるので、丸を上に見ちゃうけど。そこからこの形状を、マナを入れた容器、あるいは鍵穴に見立てたあの頃の飛鳥昭雄はおもしろかったなw


秩父鉄道の熊谷駅で購入したきっぷは、なんと硬券だった。もちろん、有人改札でパチンと鋏(はさみ)を入れてもらう。
(キャプションより)


この「硬券」。熊谷駅のように、全国的に見ればまだ使っている路線もけっこうあるのかもしれないが、自分同様、都市部からあまり出ていかない向きには、最後に手にしたのはいつだっけ?の世界だろう。

といったところで、思い出した。こういうものを後生大事に持っている。


東半徒02

東半徒02-2


勝田駅の記念入場券。パチンとはやらないが、これもまあ硬券だ。「幸福(駅)」行きの乗車券がブームになって以降、各所で誕生した記念乗車券・入場券のひとつ。
バイト先の、ちょっと気になっていた女のコが大学受験をひかえているというので、勝田駅までバイク飛ばして買ってきたものだ。片道4~5時間はかかったんじゃないか。若いとはいえ、よくやるよ!w

で、せっかくなので自分の分も買ってきたということだろう。
同じ時期に大学を退めているので、何に勝つつもりだったのかは不明。

埼玉の話題なのに、茨城で締めちゃってごめんなさい。

(第2回 おしまい)




[ 2018/12/25 11:41 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア