FC2ブログ

いつ以来だろう野球ネタなんて


ここ数年、仕事が夜型になったせいでNPBのリアルタイム情報がまったく追えていない。
たまにネットニュースで順位だの個人成績だのを確認する程度。
そんな状況(プロセスが飛んでいる)なので、今回のヤクルトの連敗には驚いている。

昨朝のスポーツ紙(web版)に、これまでのNPBの連敗記録が載っていた。
1位のロッテの連敗は、ジョニー黒木の涙と合わせて今も思い返される、印象深い出来事でしたね(遠い目…)。

1位 18 ロッテ(1998年)
2位 16 ヤクルト(1970年)
3位 15 中部日本(1946年)
〃 15 南海(1969年)
5位 14 大洋(1955年)
〃 14 日本ハム(1984年)
〃 14 横浜(2008年)
8位 13 広島(1999年)
〃 13 西武(2015年)
〃 13 巨人(2017年)

そして昨日の試合結果を受け、東京ヤクルトがベスト10入りしたことになるわけだけど、ひとまずそれはさておき、こうして見て意外なのは、我らが阪神タイガースの名前がないことw

最下位の常連だった大低迷期(1980年代末~1990年代)でも、ここまでの大型連敗はなかったんだね。

理由はシンプル!? ファンが言うことじゃないかもだが、負け慣れしている、に尽きるのではw
"負けに不思議の負けなし"で、いつも負けるべくして負けているので、変に反動が生じないんでしょう。

その点、今年序盤のヤクルトは、額面が内実にそぐわなかったのかもしれない。それで不思議の勝ちが続いた反動をいっぺんに受けている、とか。
勢いまかせであっても連勝が続くうち、いつの間にか内実が額面に追いつくこともあるので一概には言えないけど、今回はあまりに極端なのでそんなことを思いました。

[ 2019/05/30 15:57 ] スポーツ | TB(0) | CM(3)
NPB連敗記録
>1位のロッテの連敗は、ジョニー黒木の涙と合わせて今も思い返される...
僕も黒木投手の涙は印象的です。僕が予備校生の浪人時代に間接的に知り合いだった元ロッテ投手の小宮山悟氏(現早大監督)がいました。氏曰く「黒木は常に全力投球だったことが投手生命を縮めた。彼にもう少しアドバイスしておけば...」と言っていたのが印象的です。伊良部投手も後輩でヤンキース入団後の『行い』を心配していました。「根心は優しいのだけど誤解されやすい」との事。小宮山氏の師匠は牛島和彦氏だったようです。
[ 2019/06/08 18:35 ] [ 編集 ]
re>NPB連敗記録
今はここぞというときや強打者を相手にしたとき「ギアを上げる」とポジティブな表現をしますが、昔は下位打線やピッチャーバッターに対して「力を抜く」「流す」とネガティブに言ってましたね。
松坂がプロに入って間もないころ、江川が彼にインタビューする中で、そうしたテクニック?について共感し合っていたのに不快感を覚えたこと思い出します。そういうのは心で思っても口に出すなよ。それが一流の技のように語るなよ、と。
黒木については、性格的なこともあるでしょうが、常に全力でないとプロでは良い成績をあげられなかったんだろうと想像しています。
[ 2019/06/09 12:57 ] [ 編集 ]
100球肩
江川氏で思い出したのですが、晩年に江川投手が「100球肩」なる表現がスポ新やスポーツニュースで言われていました。でも、現在はMLBの影響もあるのか「スタンダード」になっているのが皮肉です。甲子園優勝投手はプロ入り後は活躍、大成しないとの「逸話」が「事実」だったことが物語っています。それを覆したのは桑田真澄氏でしたが、結局は肘の手術を余儀なくされました。松坂投手も同じです。時代は変わります。
[ 2019/06/09 19:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア