FC2ブログ

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ


リブート版『GODZILLA ゴジラ』(2014年)、『キングコング: 髑髏島の巨神』に続く〈モンスターバース〉シリーズ第3作。
公開2日目に行ってまいりました。


IMG_2660.jpg

ギャレス・エドワーズのリブート版はなかなか満足度の高い作品だったが、ムートーなるクリーチャー(あれは断じて怪獣ではない)が出てきた瞬間、例によって彼の国の皆さんとの感性の違いに落胆したものだ。自分の怪獣観が極端すぎる可能性はむろんある。多くの特撮好き、怪獣映画ファンには、これもまた許容範囲のうちなのかもしれない。
ともあれその後、キングギドラ、ラドン、モスラが登場する続編が製作されると聞いたときには、何より懸念が先に立った。大丈夫なのか、と。
怪獣映画としてもキングコング映画としても中途半端な『キングコング: 髑髏島の巨神』を見るに至り、そうした警戒感は最高潮に達し、予告編次第では、今回は当面劇場に足を運ぶのを見合わせることも考えられたほどだ。

そうしたモヤッとした思いを、今回の作品は見事に吹き飛ばしてくれた。これは正しく良質な怪獣映画だと思う。
ちょろちょろ顔を出す"あちら産"の巨大生物の描き方には相変わらず違和感しかないが、ゴジラなど主要怪獣キャラはオリジナルを大きく逸脱せず、それでいて見せ方や立ち位置に工夫を凝らすなど、絶妙なアレンジが施されている。あれやこれやの、分かる人には分かるちょっとしたくすぐりから察せられる、マイケル・ドハティ監督以下スタッフのゴジラ愛、怪獣映画理解も見逃せない。旧いファンも、ここまでやられちゃ文句は(あまり)ない。


IMG_2659.jpg

IMG_2662.jpg

ちなみに今回、初めてIMAX3Dに挑戦してみた(2Dは経験あり)。
3D映画は『飛び出す立体映画 イナズマン』以来、45年ぶり――なんて与太はいいですね。はい。
もとい、IMAX3Dはこれが初めての体験なのだが、なかなかの迫力だった。ユナイテッドシネマで通常料金+900円(メガネ込み)は安くはないけど、良い意味でツクリモノのCG映画は3Dが向いていると思う。
これからという人には、できたらIMAX3Dでの鑑賞をお勧めしたい。

そして、これは3Dを実際に経験して分かったこととして、席が選べるなら中央寄りがいいと思う。両サイドがなんで空いているのかと疑問だった。その理由が映画が始まって間もなく判明。メガネ位置を工夫しないと字幕(ということは映像も)がダブっちゃうんだね。

昭和ゴジラは一時期「怪獣プロレス」と揶揄されたもので(それはそれで当時の良い子の皆さんは愉しんでいた)、でも、今回の作品はまさにそのスタイルを受け継いだものだと思う。現代のハリウッドで怪獣プロレスを作ったらこうなる、みたいな。シナリオの弱さというかへんてこさはこの際どうでもいい。と思わせるくらい、怪獣同士のバトルが楽しい映画でした。ソイヤソイヤは勘弁してほしかったけどね、

で、次作だけど……コングは大丈夫なのか?

IMG_2661.jpg


[ 2019/06/05 12:36 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア