FC2ブログ

世界のゆうれい話/初恋の赤い髪のむすめ


『ゆうれいの出る家』

『世界のゆうれい話』を図書館で借りてきたのは、何をおいてもこれを再読するため。


世界のゆうれい話2

屋敷に住む幽霊たちに日々悩まされる若い男が、旅先で知り合った女性の助けを借りて、幽霊たちを追いだす話。
その女性が、まさに自分にとって、『トム・ソーヤーの冒険』に出てくるベッキーと並ぶ(フィクションに登場する女性としての)初恋の相手であり、いずれ再会したいと常々思っていた。それを実行に移したわけだ。40年ぶりの再会だw

 きれいなむすめで、まっかな髪が、テイ川のさわやかな風をうけては、そよいでいました。
 はだはまっ白で、まるい鼻にはそばかすがありました。目は、とてもよくすんでいて、晴れた空のようにまっさおでした。
 身なりも、きちんとしたもので、小さな帽子を、カールした髪にピンでとめ、まっ白なブラウスに、黒いスカートをつけていました。
 でも、若い学者がいちばん気にいったのは、むすめのわらい顔でした。とてもたのしそうで、あたたかだったからです。


ヒロインの登場シーン。
彼女のどこに惹かれたのか。もちろん、初登場時の描写からどうこうではなく、作品を通しての振るまいが、きっと(幼い)自分的にはグッときたのだろう。
ちなみに「テイ川」でググると、スコットランドで最長の河川としてこの名の川が引っかかるので、おそらく同じ川のことでしょうね。

今回読んで気づいたのだが(子どもの頃は気にならなかったというのが正解か)、当のヒロイン、名前がない。「赤い髪のむすめ」「むすめ」で最後まで通している。
まあ、主人公も「若い学者」なんだけどね。

もう少し彼女のことを知りたくて、この本を借りれば元ネタが紹介されているはずと思ったところが、この程度だった。

世界のゆうれい話3

作者名とタイトルで検索かけたんだけど成果なし。
版元の偕成社に問い合わせたら、教えてもらえるのだろうか。

[ 2019/06/29 15:06 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア