女子フィギュア

人気先行のミキティと、実績十分の村主の陰で、思いきり3番手扱いされてきた荒川静香が金メダルを獲ったのは皮肉なことだけど、個人的には案外いい結果だった。
荒川と村主がメダルを獲って、ミキティは圏外だけど4回転成功、というのがぼく的理想だったので。

村主には表彰台に乗ってもらいたかったが、別に日本人ばかりが努力しているわけじゃないし、物語を引きずっているわけじゃない。演技順の綾もあった気がするし、残念だけど納得。
ミキティは、今まではあまり意欲を見せていなかった「次」を見据えているような発言をしていたので、引き続き頑張って下さい。

敗者には何もやるな、とはよく言われる。
事実、敗者は何も手に入れることができないわけでない。負けたという事実そのものが、何ものにも代え難い財産ではないか。
勝者が手に入れるものは多いが、敗者が手に入れるものは大きい。言葉遊びなどではなく、純粋にそう思う。

それにしてもメディアは相変わらず掌を返したような扱い。ポリシーなんてまったく感じられない変節ぶりで、荒川の物語に乗っかって本人以上に浮かれている。なんだかな。
[ 2006/02/24 13:01 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア