駒大苫小牧、選抜辞退

元部員(だよな。卒業式の夜だし)の飲酒喫煙発覚を受けて、駒大苫小牧が選抜出場を辞退した。
球児たちの野球に対する姿勢自体は感動ものだとしても、金が普通に飛び交ったり越境当たり前だったりする高校野球に、新聞社と国営放送が高校生のクラブ活動を商売にする甲子園大会に、私的になんの愛情も持てなくなって久しいが、それでも今回の処置はなんだかなぁと思わざるを得ない。
だって、現役部員じゃないんでしょう。
春の選抜って、秋季大会以降の成績で選ばれるんだよね。だとしたら、既に今春の卒業生(3年生)は引退した後じゃない。
なのに、なんで現役が代わって罰を受けなければならないのだ?
ケジメとか、見せしめとか、理不尽な大人の論理が、また見当違いな方向に振りかざされたとしか思えない。

[ 2006/03/04 14:06 ] スポーツ | TB(0) | CM(2)
駒大苫小牧
今回の処分は厳しいし、現役の部員は全く関係ないので、可哀相だとはおもいます。
だけど、卒業式の後であっても3月中は高校生なので、学校と生徒に責任があって、仕方が無い感じもします。
[ 2006/03/06 07:42 ] [ 編集 ]
ぼくも学校と該当生徒が責任をとるのは当たり前だと思います。
以前、こう考えたことがあります。
こういうケースでは、処分を先送りにして、現役生徒が全員卒業するのを待ってから*年間の対外試合試合禁止とする。
そうすれば、野球で身を立てたい中学生は事件を起こした高校への入学を止めるはず。
そんなことになったらスポーツ学校には商売あがったりなので、普段からより身をただそうとするんじゃないかと。
[ 2006/03/06 11:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア