DEATH NOTE 最終巻

されど偽りの日々 :DEATH NOTE (11)

承前…ってことで。

宣言どおり、黒猫の隠れ処で書く手もあったんですけど、生活費の足しにするため11巻までは売っちゃったので返り読みもできず。簡単な感想しか書けないので、こっちにアップします。

DEATH NOTE 12 (12)DEATH NOTE 12 (12)
大場 つぐみ 小畑 健

集英社 2006-07-04
売り上げランキング : 13
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

何はともあれ、ようやく読みました。先のエントリーに書いたようにコミック派で、なおかつ入手に時間がかかったので話題にあげるには時機を逸した感がありますが、どうかご容赦を。

さて、
満足のいく決着で、心からホッとしております。
ジャンプ連載作で本当に惜しまれて終了するものは少なく、過去多くのヒット作が潮時を誤って蛇足に蛇足を継いできましたが、この「デスノ」の12巻というのはまずまず妥当、編集部の決断に拍手を送る次第であります。
まあ、ヨツバ編は個人的には不要と思ってますが。やはり初代Lの死がクライマックスというのは、衆目の一致するところでしょう。

マンガがあればいーのだ。 :デスノート終幕~その全てを振り返る~

素敵にまとまっています。未読の方は注意。
[ 2006/07/16 15:47 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア