欽ちゃん球団解散事件

創成期より企業スポーツの色濃いプロ野球と同じ道を歩むことを嫌い、クラブチーム野球はフランチャイズスポーツを目指していたんではなかったんですか?

所属選手、スタッフもさることながら、地域の人々、支援者を顧みることなく、たとえオーナーといえども個人の判断でチームをどうにかできると考えるなら、それは讀賣となんら変わりはない。
また、個人の過ちの責任をチームに転嫁するという発想も、高校野球的で時代遅れ。というか、そもそも見当違い。
そうじゃないんですか、欽ちゃん?

----------------------------------------------------------------------------
【06/7/22 14.23追記】

こういうことになったようです。

sports navi :萩本監督が解散撤回 茨城ゴールデンゴールズ
選手の不祥事で萩本欽一監督が解散を表明した野球のクラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」が22日、新潟県魚沼市の広神球場で企業チームのセガサミーと試合を行い、萩本監督は試合前のファンに向けてのあいさつで「おれやるよ。みんながやれっていうからやるよ」と述べ、解散を撤回し、チームを存続させる意向を表明した。



[ 2006/07/22 10:38 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(2)
ノムラさん
読売云々ではなくて単に萩本某が呆けまくってるだけですよ!確かに極楽山本がしてしまった事が事実にしても。萩本は昔から嫌いだったのです。ヤツの芸って何ですか?何も無いと思うんです。やつの芸って単なる人いじめじゃないかと思うのです。萩本某にテレビに出る資格無し!!
[ 2006/07/22 11:45 ] [ 編集 ]
ぼくも欽ちゃん番組は好きだったけど、彼本人は好きじゃありませんでした。うちのバアさんはドリフみたいに食べ物おもちゃにしないし、人を傷つけたりしないとか言って擁護してましたが、似たようなことやってたじゃん。
それにしても、もう少し頭のまわる人と思ってたけどなあ。
[ 2006/07/22 14:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア