坂東眞砂子の子猫殺し事件

「きっこの日記」の反響か、ネットのあちこちに騒ぎが広がってますね。



livedoor ニュース :女流作家「子猫殺し」 ネット上で騒然
2006年8月18日付け日経新聞(夕刊)「プロムナード」に掲載された、直木賞作家・坂東眞砂子さんのエッセイが、ネット上を騒然とさせている。「私は子猫を殺している」というのである。坂東さんの掲示板では、06年8月19日にエッセイのコピーが書き込まれてからコメントが突如急増し始め、坂東さんへの批判が怒号のごとく続いている。


いきなり関係ない話から入って恐縮ですが、「避妊手術」ではなくオスの「去勢手術」も含めて「不妊手術」ですよね。

さて。うちは猫が3匹いますが、いずれも不妊手術を受けています。
こうした手術を受けることに対して、欺瞞だと攻める向きはかねてより多いですが――確かにその意見は一概に否定できたものではないですが――、これは生き物を愛玩物として所有するという罪深き行為をおこなう上での最低限の礼儀と、ぼくは考えています。

にしても、崖下に放り投げているって、その行為自体が常軌を逸しており、それにどんな理屈をつけたってあんた、まともじゃないと思われますよ。問題提起をしたかったのかも解らないけど、問題行動をカミングアウトしてるだけ。
妙な話ばかり考えてるから、変なものに憑かれちゃったんじゃないですかね。
以上。この件については他に言うことはありません。

あ。ひとつだけ――、
ぼくは坂東眞砂子を生涯、嫌悪しつづけると思いますが、仮に彼女がめちゃくちゃ面白い小説をものしたという評判を聞いたら、きっとそれを読むと思います。

[ 2006/08/22 18:18 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア