10月期ドラマの私的期待度

全部じゃないけど、10月期ドラマの目立ったところをピックアップして、私的期待度を数値評価してみました。満点は5。
◎は、ほぼ間違いなく見る予定のドラマです。


●のだめカンタービレ(フジ月9) 期待度2
著者がOKしたとは思えないスタッフ&キャスティング。政治があったんでしょうか。
ロシナンテ気分で見る手? 上野樹里は好きだけどね。

●役者魂!(フジ火9) 期待度2
企画意図が見えない。やはり松たか子以外の見どころが感じられません。

●僕の歩く道(フジ火10) 期待度1
草なぎでこのネタですから、コアファンだけが見ればいいと思います。
香里奈は好きだけど、ぼくはスルーさせていただきます。

◎相棒5(テレ朝水9) 期待度4
これまでどおりの水準で充分ではあるのですが、さらにレベルアップをお願いしたいです。3、4はオープニングの数話がカスってたので、今回はツカミをきっちり頼みますよ!

●14才の母(日テレ水10) 期待度3
志田未来には期待したいのですが、使い方を誤っている気がします。初主演作なんだから、もう少し考えて欲しかった。

●だめんず・うぉ~か~(テレ朝木9) 期待度1
やる気が感じられません。原作は面白いと思うんですけど。お友だちも出たし。

●嫌われ松子の一生(TBS木10) 期待度2
内山理名は好きですが(しつこい?)、ストーリーにそそられないので見ないでしょう。
テレビ向きじゃない気がします。

●Dr.コトー診療所2006(フジ木10) 期待度2
前作は見たけど、今回は気が進みません。吉岡が名医ってのが説得力ないし。
BGVで流す可能性はあります。

●家族(テレ朝金9) 期待度2
「わた鬼」の裏ですか。そうですか。
どうやら勘違いみたいです。裏じゃないって。すみません。(9/13追記)

◎セーラー服と機関銃(TBS金10) 期待度3
長澤まさみにセーラー服を着せた、という以上の意義を見いだせません。
むろん、それだけでも見る価値はある!?

●たったひとつの恋(日テレ土9) 期待度2
亀梨はドラマ方面はやめて、グループ活動に専念したほうがいいんじゃないかなあ。
「ごくせん」のときは悪くなかったんだけど。

●鉄板少女 アカネ!!(TBS日9) 期待度2
他意はないんですが、堀北真希は苦手です。ごめんなさい。
[ 2006/09/12 22:15 ] TV | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア