本のタイトル50音バトン(国内ミステリ編)

ブログやmixiでいろんな人が挑戦しているので、ぼくもやってみました。
基本ルールは以下のとおりです。

・一作家一作品
・これまでに読んだことがあるもの
・国内ミステリ限定

これに個人的なシバリとして以下をプラス。

・「あ」は敬意を表して『亜愛一郎の狼狽』に固定
・「せ」は国内ミステリで最も好きな『占星術殺人事件』に固定

では、いってみよー!

――――――――――――――――――――――――――

あ  『亜愛一郎の狼狽』 泡坂妻夫
い  『囲碁殺人事件』 竹本健治
う  『動く家の殺人』 歌野晶午
え  『エジプト女王の棺』 山村美沙
お  『思い通りにエンドマーク』 斎藤肇

か  『彼女はたぶん魔法を使う』 樋口有介
き  『危険な童話』 土屋隆夫
く  『くらのかみ』 小野不由美
け  『刑事失格』 太田忠司
こ  『黒死館殺人事件』 小栗虫太郎

さ  『殺人鬼』 浜尾四郎
し  『死神の精度』 伊坂幸太郎
す  『すべてがFになる』 森博嗣
せ  『占星術殺人事件』 島田荘司
そ  『そして扉は閉ざされた』 岡嶋二人

た  『谷崎潤一郎 犯罪小説集』 谷崎潤一郎
ち  『長安牡丹花異聞』 森福都
つ  『翼ある闇』 麻耶雄嵩
て  『点と線』 松本清張
と  『とむらい機関車』 大阪圭吉

な  『雪崩連太郎幻視行』 都筑道夫
に  『人形はなぜ殺される』 高木彬光
ぬ  『塗仏の宴』 京極夏彦
ね  『猫は知っていた』 仁木悦子
の  『法月綸太郎の冒険』 法月綸太郎

は  『蠅男』 海野十三
ひ  『広重殺人事件』 高橋克彦
ふ  『富豪刑事』 筒井康隆
へ  
ほ  『仄暗い水の底から』 鈴木光司

ま  『真夜中の檻』 平井呈一
み  『見返り美人を消せ』 石井竜生/井原まなみ
む  『無伴奏』 小池真理子
め  『明治開化 安吾捕物帖』 坂口安吾
も  『百舌の叫ぶ夜』 逢坂剛

や  『野生の証明』 森村誠一
ゆ  『幽霊列車』 赤川次郎
よ  『夜の蝉』 北村薫

ら  
り  『李歐』 高村薫
る  『瑠璃菊の女』 小笠原京
れ 
ろ  『六番目の小夜子』 恩田陸

わ  『私が殺した少女』 原りょう



ヴ  

が  『瓦斯灯』 連城三起彦
ぎ  
ぐ  『グランドミステリー』 奥泉光
げ  『月光ゲーム』 有栖川有栖
ご  『後鳥羽伝説殺人事件』 内田康夫

ざ  『残光』 東直己 
じ  『ジョーカー』 清涼院流水
ず  『ZOO』 乙一
ぜ  『0の殺人』 我孫子武丸
ぞ  『憎悪の化石』 鮎川哲也

だ  『誰にも出来る殺人』 山田風太郎


で  
ど  『毒猿 新宿鮫II』 大沢在昌

ば  『バイバイ、エンジェル』 笠井潔
び  『病院坂の首縊りの家』 横溝正史  
ぶ  
べ  『弁護側の証人』 小泉喜美子
ぼ  『ぼくのミステリな日常』 若竹七海

ぱ  『パーフェクト・ブルー』 宮部みゆき
ぴ  
ぷ  『プリズンホテル』 浅田次郎
ぺ  『ペテン師と空気男』(春陽) 江戸川乱歩
ぽ  

――――――――――――――――――――――――――

「ぢ」「づ」はきついですね。海外編でもネックになりそう。

高橋克彦の『パンドラ・ケース』、読んでいると思うのですが確信が持てません。
これが入れられれば宮部を『レベル7』にして…と、玉突きでもうちょっと埋まると思うのですが。


[ 2006/09/23 14:44 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア