松本妄言

長くなりそうだったので、コメントはやめてTBで。

読み捨てられてゆく言葉たち
一方では松本零士がこんな発言をしている。正直いって最近の松本零士の発言は老害というか、ぶっちゃけはじまったのかな、と思わざるをえないのだが、


松本零士の妄言については、以前、歌詞盗用事件の際に取り上げたことがあった。けど、どうやら例のfc2ログ消失事件のときに当該エントリーがなくなっちゃったみたい(泣)。
でもまあ、相変わらずやってくれちゃってるようなので、あらためて取り上げます。
元ネタはこちら

21世紀のコミック作家の著作権を考える会」も、彼が前面に立ってましたよね。
クリエイターが作品の権利を主張するのは解るし、それ自体に異を唱えるわけじゃないけど、どうも話のあっちこっちに手前勝手なすり替えがあるように思いますですよ。

読み捨てられてゆく言葉たち
そもそも、「著作物」を守る、という意味での著作権保護と「著作権利料」がイコールで結びついているかのような考え方が理解できない。著作物の改変や盗用はよくない、というのは理解できる。その意味での著作権保護は50年でも70年でも、むしろ未来永劫守ればよい。


同感ですね。
ぼくは常々、
・著作物は永久に守られるべき
・著作者の権利は本人存命中のみ有効
・頒布は著作物の賞味期限が切れた時点から誰でも無料でおこなえる
 (賞味期限内は権利料が著作者に支払われる)
――がいいんじゃないかと、アバウトですけど思ってます。
これでじゅうぶん、著作者は報われるんじゃないかな。

ただ、まだ作品がバリバリ賞味期限のうちに著作者を殺して著作権フリーにしようと企む輩が出ないとは限らないので、2番目は3番目とのバランスを考えながら適用猶予を設定する必要がありそうです。
賞味期限ってのも難しいんだけどね。政治的な絶版とか増えそうだし。

[ 2007/02/02 12:13 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア