春ドラ総括

4-6月クールの連ドラで最後まで見たのは、結局「ライアーゲーム」「バンビーノ!」だけ。後者は最終回を録画したまま、まだ見てないので"見込み"だけど。

「ライアーゲーム」は思わぬ掘り出しものだった。どこがどうスゴいってのはないんだけど、キャスティング、演出、脚本、音楽のいずれも水準を超えていたんじゃないかな。まあ、飽くまで今の水準で。
原作人気もブレイクして、新刊古書いずれも一時品薄でしたね。古書は今もあんまり見ないかも。
「バンビーノ!」は、ちょい白ける演出があったり、松潤の演技が過剰に過ぎたりと、不満はないでもないんだけど、イタリアン版「味いちもんめ」として無難に楽しめました。

といった感じで、今ひとつな春ドラでしたが、夏がまた面白そうなものがほとんどない。
今夏はケーブルで「スペクトルマン」「ライオン丸」のピープロラインを放映するので、本命はそっちかな。

[ 2007/06/29 11:14 ] TV | TB(0) | CM(4)
久しぶりのドラマ漬け
四月の始めに地デジハイビジョン対応の大画面液晶テレビ(32inch)を子供達に買わされたのですが、ハイビジョン画面の美しさに、私が嵌まってしまいました(^!^;)。
「プロポーズ大作戦」「バンビーノ」「生徒諸君!」「食いしん坊探偵2」「わたしたちの教科書」など、子供達と一緒に楽しみに観れました。
どのドラマも終盤にちょっと急ぎ足になってしまう傾向もみられましたが、それにも増して横長ハイビジョン画面の圧倒的な美しさに感動しましたね。またドラマを観てみたいと思える作品が多かったと思いますね。この中で一押しは、やはり「わたしたちの教科書」の菅野美穂の演技でしょうか(^!^;)。長澤まさみもカメラワークでしょうか、綺麗でしたね(^!^;)。
[ 2007/06/29 14:41 ] [ 編集 ]
32inch!
想像も付かないサイズです。どれくらいのものか、あとで電気屋でチェックしてきます(笑)。
「わたしたちの教科書」は評判良いですね。最初見損なったのでスルーしちゃいましたが。惜しかった。
「プロポーズ大作戦」は1話でげんなり。(^-^; 長澤まさみ以外に見どころなしと断じました。
近ごろは少々数字が悪いと、たった3月も我慢せずに打ち切るケースが多いですね。もっと腰据えてつくれる環境がないと、作り手だって育つはずがないのに。
[ 2007/06/29 15:55 ] [ 編集 ]
大画面も慣れると
もっと大きいサイズが欲しくなりますね(^!^;)。まあ、我が家の狭いリビングには32~37inchで十分な大きさですが、慣れというものは恐ろしいものですね。

「プロポーズ大作戦」は我が家では予想以上に評価は高いです。娘達が山下智久のファンというのも影響していましょうが、誰にでもあるような青春の切ない、ある種の悔悟を上手くドラマにしていると思いました。これを見逃したのは実に惜しいですね(^!^;)。
[ 2007/06/30 18:58 ] [ 編集 ]
大きさもさることながら
そろそろ、もっと解像度の高い画面でテレビを見たくはありますね。
「プロポーズ大作戦」は春クールではいちばんヒットしたいみたいですね。若い世代における山ぴー人気は絶大です。
[ 2007/07/01 10:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア