犬神家の一族 ('06)

ちっちゃい頃にルパン@南洋一郎・訳(というか翻案)でミステリ遺伝子を植え付けられたぼくは、やがて高校を出る頃にクイーンに出会って本格的ミステリファン道を歩き始めるわけだけど、そんなホップとジャンプの間、ステップに位置するのが横溝だったりします。
'76年作のオリジナルは、そのきっかけとなった映画で、この後はTVの横溝シリーズを観たり、ついには角川文庫を手に取るまでになったのでした。
そういう意味で「犬神家の一族」('76)は、その後の人生に大いに影響を与えた、ぼくにとってはメルクマール的作品なんですね。

犬神家の一族 完全版 2006&1976 【初回限定生産3枚組】犬神家の一族 完全版 2006&1976 【初回限定生産3枚組】
石坂浩二 松嶋菜々子 尾上菊之助

角川エンタテインメント 2007-07-06
売り上げランキング : 545
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そんな強い思い入れがあったから……ではないですね。普通にダメ出ししたくなる出来でした。セルフリメイクというより、セルフパロディと居直ってしまえば良かったのに。
もしや坂口良子の役を深キョンにしたのは、その積極的意思表示だったり? としたら、市川崑もいよいよ大したものなんですが、そんなわけはなく、単純に"市川監督衰えたり!"といった印象です。

実際、役者(石坂浩二)の衰えは、誰にも訪れる時の洗礼によるものゆえ仕方ないところですが、監督の場合はそれで済まされるものではありません。
脚本はオリジナルをほぼ流用しているらしい。でも、その±α部分がまず余計。必要な台詞を削り、不要な台詞を追加しています。また同じ人間とは思えないほど、演出にキレもコクも感じられません。平板でメリハリがない。

こんな監督の衰えを、まったくキャストが救っていないのも悲劇です。
オリジナルの完成度があまりにも高かったがゆえに、トヨエツの「八つ墓村」より"撮らなきゃ良かったのに"感が強い。そう強く思いました。

オリジナルを観たのは公開翌年。まだガキんちょでした。ピンク街にあった頃の吉祥寺東宝で。
ちなみに同劇場では、同じスタッフの「獄門島」の他、三浦友和主演「姿三四郎」、円谷の「惑星大戦争」なども観ております。もちろん、東宝チャンピオンまつりもね!


評 価 :☆☆☆
ひとこと:作品の力に救われているけど、映画としてはかなり不満

[ 2007/07/17 16:07 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア