ペナルティ

sports navi :引退危機…朝青龍に2場所出場停止
日本相撲協会は1日、東京・両国国技館で緊急理事会を開き、ケガで夏巡業の休場届を出しながらモンゴルでサッカーをしていた朝青龍に対し9月の秋場所、11月の九州場所の出場停止、4カ月の減俸および謹慎、さらに師匠の高砂親方(元大関・朝潮)に減俸の厳罰処分を下した。


前例がないことだけに、どのあたりが妥当と線が引きづらいところですが、ニュースや新聞に目を通すと、これでも甘いという意見が多いようです。

ぼく自身、ペナルティとしては降格さえありと思わないでもない。でも、これまで朝青龍が何をやってもお咎めなしできた協会の品格は問われないでいいもんですかね?

興行の唯一の目玉だったので甘やかしてきたのが、新たな目玉が出来たから一転切り捨てにかかる、というのはちょっとえげつない。
襟を正すべきは、朝青龍だけじゃないと思いますよ。

[ 2007/08/02 16:57 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア