虎のFA戦略

最初から福留獲得には反対でした。
金で選手を買いあさる讀賣球団的やり方を、ぼくは確かに"嫌い"ではあるけど、否定はしません。だって、金があったら大半の球団は同様のことをするだろうし。球団のひとつのカラーとして、そういうのもありだと思ってます。
でも、タイガースにはそれをやってほしくない。

仮に福留を獲ったら、シーツ-金本-福留(順不同)がクリンナップに並ぶケースが出てくる。これ、みんな外から来た選手じゃないですか。それも、よりによって同一リーグからの引き抜きですよ。

さらに言うなら、外野には金本、赤星の他に、林、濱中、桧山、桜井、赤松、高橋といったメンツがひしめいています。あと、今年ちょっと活躍した庄田とかね。
そこに福留が入ったら、どうすんの? 競争というレベルじゃないよ。
金本を調子次第でスタメン落ちさせるとか、赤星や濱中をトレード要員にするとか、桧山を肩たたきするくらいの覚悟があればともかく、それがないのに福留に手を出すのは、チーム構成上も問題ありでしょう。

というわけで、福留の残留決定報道にはホッと胸をなでおろしたものですが…。

SANSP.COM :虎FA戦略急転!竜残留の福留獲り断念、コイ新井に一本化
「F」から「A」へ-。今オフのFA市場の主役、中日・福留孝介外野手(30)が権利を行使せず、残留することが11日、明らかになった。この情報をキャッチした阪神は広島・新井貴浩内野手(30)の獲得に専念。補強プロジェクトをスタートさせる。


今度は新井かよっ!

確かに内野手は気持ち手薄ではあります(なのに喜田をトレードで出してるし)。でも、新井を獲ったらシーツ-金本-新井(順不同)がクリンナップに並ぶケースが出てくる。これ、みんなカープじゃん!(笑)

打線に問題アリアリの1年であったのは事実ですが、それでも急務なのは左右のローテーションピッチャーの獲得 or 育成でしょう。それと捕手ね。
内外野は、贔屓さえしなければ、きちんと育つ人材は既に揃ってると思いますよ。

[ 2007/10/12 14:58 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア