10-12月期のドラマ(途中経過)


▼相棒 seasonVI
期待を超えるものではないけど、『相棒』としての水準は保っています。映画化、小説・コミック化など周辺が騒がしいけど、調子に乗らず、従来のスタンスでつくり続けていってほしい。

▼ガリレオ
福山は失敗ですね。彼のキャラクターに合っていません。脚本家も、原作の湯川の解釈と、福山のキャラをどう活かすかってことの狭間で悩んでいる気がします。
演出もどうかと思うくらいキレがないし、3話の時点ではドラマ化失敗に1票。

▼3年B組金八先生
これまでにないほど生徒たちがチープ。現実の学校のほうが、よほど華のある生徒がいそうです。桜中学が荒谷二中より格下になったという設定は、シリーズファンには楽しい。

▼歌姫
これといって特筆すべきところのないドラマながら、酔っ払った頭で見るにはちょうどいい。人気のわりに、いつになっても垢抜けない二人、長瀬と相武紗季のコンビも、このドラマには合ってますね。

▼働きマン
1話を見て、あまりの痛さに脱落。松方弘子、昔だったら常盤ちゃんが演ってた?

▽その他
『ハタチの恋人』『ジョシデカ』はちょろっと見ただけで拒否反応。
遅いスタートの『SP』ですが、録画したけどまだ見ていません。

[ 2007/11/05 15:55 ] TV | TB(0) | CM(4)
金ぱっつぁん
乙女と幸作がよいこでなくなったのは少し楽しみですね。それにしても、生徒の家を寿司屋にするのは好きなんですね。亀梨の家がそうでしたしね
[ 2007/11/05 17:24 ] [ 編集 ]
ドラマ内時間がリアルタイムなら、亀梨もそろそろ酒が飲める年齢では?
今、亀と風間が並んだら、頭ひとつ違いそうですね。
[ 2007/11/06 10:16 ] [ 編集 ]
私的には
「ガリレオ」は意外と評価は高いです。柴咲コウのワトソン役は、ある意味こちらが主人公的な感じがするほど目力があり良いですね。福山雅治も決して悪くはないのですが、スマートすぎる分ちょっと線が細い感じがします。昨日の香取慎吾の悪役は嵌まっていて良かったです。

しかし、最近のドラマは地デジハイビジョン横長テレビで観るとリアリティ4倍アップぐらいドラマの印象がガラリと変わりますよ。ある意味地デジハイビジョンは革命的ですらありますな(^!^;)。
[ 2007/11/06 13:57 ] [ 編集 ]
お肌が
柴咲コウ、ものすごく肌のコンディションが悪いです。どこ見てるんだって話ですが。(^-^;
あれでハイビジョンだと、かなりきつい気がしますが、それは彼女に限ったことでもないか…。

福山は滑舌が悪くて、なんか頭悪そう。(^-^;;;
[ 2007/11/06 14:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア