浜中&吉野トレード

sports navi :浜中&吉野トレード…これからが勝負
阪神・浜中治外野手(29)、吉野誠投手(30)とオリックス・平野恵一内野手(28)、阿部健太投手(23)の2対2の交換トレードが成立し26日、両球団から発表された。


生え抜きのスターの放出は残念ですが、「またか」と言ってしまうと逆に贔屓の引き倒しかもしれません。江夏、田淵なんかとは格が違うし、晩年とはいえ岡田と比べても遙か見劣りするというのが、冷静な目で見た浜中のいる場所だろうし。
実際、他チームのファンからしたら、怖いバッターとは思ってないんじゃないかな。ケガが完治したという前提で見ても、安心して守備を見ていられる選手でもない。

そんなわけで、せめてブレイクすればA評価の可能性がある打撃を活かすという意味で、DHのあるパ・リーグの移籍は、彼にとって悪いことではないと思います。新天地での活躍を期待しています。
そしていずれFAで、請われて堂々と戻って来るというのも、ひとつの男の花道ではないかと思います――が、そのときまでタイガースが彼にとって魅力的なチームであり続ける保証はどこにもなく……。

吉野誠も、ここ数年はパッとしないので、環境を変えることで芽が出るといいなと願っています。

いずれにしろファンのひとりとしては、「タテジマへのこだわり」を口にする選手が移籍していくのは、とっても寂しいことではあります。
金に転んだりしたわけじゃないしね。

[ 2007/11/27 12:58 ] スポーツ | TB(0) | CM(2)
浜中は若手の主砲として期待されつつ、あの怪我からの復帰後は妙に中堅・ベテランとして老成してしまった感がありましたね。基本的には性格が大人しすぎるんでしょね。
まあ、阪神ファンとしては惜しまれますが、本人のためにはパリーグのDH制に活路を見出すほうが良いのかも知れませんね。
[ 2007/11/28 11:18 ] [ 編集 ]
未完の大器が不完全燃焼のまま今に至る感じでしょうか。
オリックスは12球団一、DHの層が厚いチームですから(^-^;、もしかしたら守備につかされるかもですね。
[ 2007/11/28 16:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア