マラソン五輪代表決定

sport navi :土佐、野口、尾方ら6名が正式決定=男女マラソン五輪代表
日本陸上競技連盟(以下、日本陸連)は10日、東京都内で会見を行い、理事会と評議員会を経て北京五輪のマラソン代表選手6名と男女各補欠1名を正式決定したと発表した。


毎度ひと悶着あるマラソンの代表選考ですが、今回は選考レースが解りやすい結果に終わったこともあり、男子は尾方剛・佐藤敦之・大崎悟史、女子は野口みずき・土佐礼子・中村友梨香と、順当な顔ぶれになりました。

男子はさておき、女子は個人的に、高橋尚子・渋井陽子・野口みずきの世界記録トライアングルを期待していたので、いくらか物足りなさを感じたりもしますけど…。

今後の選考基準についてもの申させていただくと、世界選手権で日本人最高位+メダル獲得で当確というのは、2回連続オリンピックの金メダルを獲った国の基準としては設定が甘い気がします。
能力に不足があるとまでは言わないし、本番ではぜひ好成績を修めてほしいけど、客観的に土佐の世界選手権3位(2時間30分55秒)は他に見劣ります。
レースの格付けがあるとしても、もう少し当確ラインのハードルを上げてほしいですね。

[ 2008/03/11 08:50 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア