今岡枠

昨日はいろいろと忙しかったため、ちょっと時期遅れになってしまいましたが。

sports navi :李が2軍降格へ 打撃不振のため
巨人の李承☆(ママ)が打撃不振のため2軍で調整することになった。代わりにゴンザレスが1軍に昇格する。


妥当な判断と思います。
原監督、うちの岡田監督よりマシ?

タイガースには、金本枠、鳥谷枠、今岡枠というのがあります。これは定位置獲得競争がまずおこり得ない固定枠でして、事実上、当該3選手を除く全支配下選手でこれ以外のポジションを獲り合っているというのがぼくの見るところの現実です。

金本枠は監督意思を超えた存在なので、余程のことがない限り不変と認識されていましたが、オフに手術をしたせいもあるのでしょう、金本本人は、とにかく2000本安打達成までは全力でぶっ飛ばして、あとは行けるところまで行っちゃろうか、といった覚悟を決めたかに見えます。ということは、早晩この枠は撤廃される可能性がありますね。
鳥谷枠については、岡田政権の間は誰が何を言って変わらないだろうから論外ということで、今最大の問題は今岡枠。

2年連続で結果を出しておらず、ただ今もリーグワースト2位(李は2軍落ちしたので事実上ワースト1)の低打率に喘いでいる彼を、なぜ5番で使い続けるのか。
チームが好調なうちに彼に復活のきっかけを掴んで欲しい、という考え方もあるのかもしれませんが、逆に彼が足を引っ張って好調の波がスーッと引いてしまうかもしれない。それを恐れます。
スランプなんかではない、現状こそ常態であり、03年、05年の活躍のほうが異常だったと考える時期に、そろそろ来ているのではないでしょうか。
もちろん、ピーク時の活躍を思えば、今岡が再ブレイクしてくれるに越したことはない。けれど、やはり今のままでは控え選手に示しがつかないと思うのです。

[ 2008/04/15 08:34 ] スポーツ | TB(0) | CM(4)
岡田枠(^!^;)
金本はあと2~3年頑張って世界記録をという夢もありますし(^!^;)、好調な鳥谷、新井は外せない存在ですが、不調の今岡を外せないのは、やはりファンの後押しが大きいのでしょうね。

野村監督の頃は徹底的に冷や飯を食わされたのを奮起一番して、星野監督・岡田監督時代に阪神を優勝に導く大きな活躍をしたことをファンは忘れていないのだと思います。ファンにしても、岡田監督にしても「このまま終わる選手ではないし、終わらせたくない」という気持ちが彼を打席に向かわせているのだと思います。

しかし、もし現状が彼の真の実力だとすれば、彼にとっては少し不幸なことであろうことは言うまでもないことなのですが、ファン心理というのは微妙なモノなのでしょうね(^!^;)。

頑張れ、今岡!
[ 2008/04/16 23:33 ] [ 編集 ]
周囲の声は
かなり今岡起用に批判的です。
もちろん、誰を使うかを多数決で決める必要はありませんが、誰の目にも今岡が優遇されているのは歴然。
これが今年に限っての話なら、たしかにもうちょっと辛抱しようとなるでしょうが、すでに2年という長い時間、チャンスを与えられ続けているのですから、それで結果を出せない以上、退場願うのは当然です。
関本が「好調をキープしているうちに出番が来てほしかった」といったようなコメントをしていましたが、切実な気持ちでしょう。
彼こそは、今岡枠、鳥谷枠のお陰でデメリットを被った最大の被害者なわけですから。
関本にしたって、残るキャリアはさほど長くない。力はあるのに鳥谷枠、今岡枠のせいでチャンスを与えられぬままに終わらせたくない、と考えるのがそれこそ人情というものでしょう。

[ 2008/04/17 15:01 ] [ 編集 ]
ナベツネ枠
影のオーナーが牛耳っているうちは永遠に不滅です。
[ 2008/04/17 18:19 ] [ 編集 ]
ここのところさらに元気出てますね。
長生きしそう。
[ 2008/04/17 18:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア