虎の序盤戦回顧

sports navi :20日から4年目の交流戦 6月22日まで計144試合
プロ野球は18日でセ、パ両リーグともリーグ戦を一時中断し、20日から導入4年目を迎える交流戦がスタートする。


我らがタイガースはシーズンのほぼ1/4が終了した現時点で、28勝13敗1分、2位に3.5ゲーム差の1位と快調にとばしています。

ここまでのリーグ順位はほぼ予想どおりですが、といってもこれほどタイガースが順調に貯金をためるとは思ってもみませんでした。大型連勝がない一方、連敗を避ける、カードを着実に勝ち越す、といった戦い方をしてきたのがこの結果ということでしょうか。

先発陣については去年が底と考えれば悲観する材料はなく、開幕前はむしろ去年酷使されたブルペンが不安でした。これは久保田(球児もいくらか)の不調、ジェフの離脱というかたちで現実化したものの、そのぶん渡辺、江草らが補ってプラマイゼロという感じ。
野手では右のクリンナップ(新井)、通年働ける2番打者(平野)を獲得したことでかなり戦力アップしました。あとは今年一年かけて、5番打者と次代の正捕手を見つける、あるいは育成することでしょう。

交流戦スタートはオリックス戦から。去年してやられた相手ですが(でしたよね?)、きっちり勝って弾みをつけたいものです。

[ 2008/05/19 09:06 ] スポーツ | TB(0) | CM(2)
最大の心配事は
まあ、最大の懸念点は監督の頭の硬さでしょう

正しいかどうかはおいておいて、上原を二軍に落とす原監督・完全試合目前でも勝ちにこだわった落合監督くらいの柔軟さを持って欲しいものです。

今岡・久保田・フォードにこだわるのをそろそろ捨てて、調子良い選手を使っていって欲しいですね
[ 2008/05/19 13:25 ] [ 編集 ]
こだわりというより
単に変化を怖れるタイプなんじゃないかと思います。>岡田
頑固ともちょっと違う。

たしかに久保田は2軍で調整の時間を与えたほうがいいかもですね。いずれ出番がやって来るでしょうから、それに備えて。
今岡とフォードは現状を見る限りは論外です。内野と右翼がこのふたりのために渋滞を起こしているのはひじょうにもったいないです。
[ 2008/05/20 08:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア