真弓にお願い

sports navi :真弓新監督「7」“継承者”今岡再生
阪神の新監督に内定しているOBの真弓明信氏(55)が25日、背番号「7」を引き継いでいる今岡誠内野手(34)を復活させることを約束した。


やれやれ…。

今シーズン、岡田前監督が早めに今岡とフォードを見切っていたら、もっと大差がついていたと思われ。
来年は真弓にとって初年度なんだから、でもって世代交代必須な時期なんだから、3年間結果を出せなかった選手には拘らないで欲しい。

●同上
「一緒にユニホームを着てみないと分からんのよ。戦力なのかどうかも分からん。そんなにオレは慌てないよ。まずは見ることから始めるよ」


見出しのわりには冷静な言葉で、間違いなくこのスタンスを守ることを望みます。

しかしながら、バネ指による打撃感覚の衰え、(おそらく)動体視力の低下による守備力の衰えはいかんともしがたく、少なくともセ・リーグでの再ブレイクは難しいと思います。
DHのあるパなら、もうひと花咲かられる可能性なきにしもあらず、なので、パからFA選手を受け入れる際にプロテクト外しておくというのはどうでしょう。

てなわけで、あらためて真弓新監督に提言。
今後のタイガースのために、これだけはお願いします。

・今岡、鳥谷など、前監督が贔屓した選手を横一線まで戻す。
・結果を出せない選手は例外なくスタメン落ちさせる。金本であっても。
・久保田を先発に回すなど、大胆な配置転換をする。
・意識的に次世代の正捕手を育てる。

それと、これは球団の姿勢になりますが。

・同一リーグ下位球団から前年のエース級、中軸打者を獲得しない。
 (かなり能力落ちているとはいえ、三浦はまだエース級ですかね)


WBC関連は、次回会議後に。

[ 2008/10/26 12:00 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア