WBC監督に原

sports navi :WBC代表監督に原氏 就任要請を正式受諾
日本プロ野球組織(NPB)の加藤良三コミッショナーは28日、川崎市のジャイアンツ寮に巨人の原辰徳監督(50)を訪ね、来年3月に開催される国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表監督の就任を要請、原監督は受諾の意向を伝えた。


WBC監督に推されるべき何らの根拠も窺えない星野に比べれば妥当な人選で、積極的に賛成ではありませんが、反対するつもりもありません。
若い選手を乗せるのが巧いと誰かがコメントしてましたが、その点は疑問ですけどね。

ただ、原を選んだ理由を実績、勝率等に求めた高田のコメントがそのとおりだとしたら、なんで落合や岡田の名前は挙がらないんでしょう?
落合は直近5年間の勝率が12球団監督で2位(1位と超僅差)である上に短期決戦での実績がある、一方の岡田は過去5年勝率が1位なわけで、この2人が有力候補として挙がってこないのはおかしな話です。岡田はタイガースの監督を退いてますから、その点でも実行委員会の意に沿ってますよね。

結局、讀賣に都合のいい候補者名簿があって、そこに記されている名前が上から順に、王、星野、原、ということなんでしょう。

バカらしい。

[ 2008/10/28 14:26 ] スポーツ | TB(0) | CM(4)
原・・・
私のような野球オンチからすると、毒が無くてよいのではと思ってしまうんですが(^^;)
いろいろな思惑があるんでしょうか。
[ 2008/10/28 19:47 ] [ 編集 ]
なんとなく
原、選手になめられそうな気がします。
やはり我の強いトップ選手達を率いるには、ある程度のアクは必要ではないかと思います。

[ 2008/10/29 16:37 ] [ 編集 ]
サムライJAPAN
b.kさん、どうもです。
以前のブログで『星野』JAPANのように監督の固有名詞を付けるのは如何なものかと
疑問を呈しておられましたが、さすが今回は提言した通りの結果になりましたね。
ご指摘の通り、日本代表チームは監督個人の所有物ではないと思います。
では、またお会いできる日を楽しみにしています。
[ 2008/11/20 18:49 ] [ 編集 ]
これがまた
どもっ。
監督名でなくなったのはいいのですが、これがまた問題を孕んでまして。
リンク先は関連ニュースですが、実はホッケー男子代表がすでに同じ愛称を名のっているんですよ。
確信犯なのがイヤな感じです。
[ 2008/11/21 09:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア