10月に読んだ本

10月の読了本です。読了順。

『夜市』 恒川光太郎
『脳男』 首藤瓜於
『指し手の顔(上下)』 首藤瓜於
『人造美人』 星新一
『シンメトリー』 誉田哲也
『マンガ編集者狂笑録』 長谷邦夫
『犯罪小説家』 雫井脩介
『雷の季節の終わりに』 恒川光太郎
『警察署長(上下)』 スチュアート・ウッズ
『スリーピング・ドール』 ジェフリー・ディーヴァー
『秋の牢獄』 恒川光太郎

月ベストは以下。
ライム・シリーズからのスピンオフで、キャサリン・ダンスが主人公です。

スリーピング・ドール
スリーピング・ドール池田 真紀子

文藝春秋 2008-10-10
売り上げランキング : 1090

おすすめ平均 star
star一気読みというより、毎晩本を開くのが楽しみになるような大らかな良作
star面白いスピンオフ、でもこの価格だと。。。
star二重三重のどんでん返しに彩られた新シリーズ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読書方面が充実した一か月でした。

[ 2008/10/31 16:26 ] 読了本 リスト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア