三浦残留?

17年間済んだ家が老朽化した。そこで、以前住みたかったけどその機会が得られなかった土地に、今は自由にな立場になったので移ろうかな。
でも、長年住み暮らした今の地にも愛着があるので、家の建て替えで住みやすくなるなら、それもいいかもな。
という選択であったかと思います。

sports navi :三浦、横浜に残留=阪神に断りの連絡-プロ野球
横浜からフリーエージェント(FA)宣言し、去就が注目されていた三浦大輔投手(34)の横浜残留が29日、決まった。獲得に乗り出していた阪神の沼沢正二球団本部長に、残留する意向を電話で伝えた。


まだ決定ではありませんが、
個人的には、落ち着くとこに落ち着いたという感じです。

トレードについて、ぼくは以下のようなスタンスでおります。

されど偽りの日々 :ストーブリーグ
確かに、4番ファーストばかり集めようってわけじゃないし、新井にしろ福留にしろ、うちには必要な補強ポイントを埋める選手。でも、同一年に同一リーグから主軸バッター2人を引っ張ってくるのは、思いきり抵抗があります。


また、これも別の機会に書いたかもですが、
「同一リーグ下位チームの主力を獲得するのは最小限度にとどめるべき」との思いもあります。
毎年優勝争いをしているチームが、こちらは毎年最下位争いをしているチームのエースを獲ろうとするのは、あまり良いイメージではありません。
三浦が熱烈にタイガースに移籍したい、あるいはなんとしても横浜を出たいという考えであったならともかく。

どうせなら川上のほうに手を挙げてたほうが、まだ納得がいったんだけどな。それは万一、讀賣に行かれると戦力差が広がるという、戦略的な意味で。

いずれにしろ、この際は自前の戦力を鍛え上げることを積極的に考えていただきましょう。監督交代はその良いチャンス。

[ 2008/11/30 10:28 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア