がっちゃん絶不調



最年長猫のがっちゃん(今月22日で14才)が、腎不全ということが判明しました。

3/12、ぼくの腕から飛び降りたとき着地に失敗して足を挫いたのが発覚のきっかけでした。
数日後に獣医に連れていき、レントゲン撮ったら骨に異常はなかったので、それはまあ軽傷?で済んだんだけど、そのときに「かなり痩せているのが気になるので、近々血液検査をしたほうがいい」といわれて。

そこですぐにやればいいものを、うちは家計に余裕がないため、入金日を待っての検査となりました。これが一週間前のことです。
血液検査とホルモン検査をおこない、慢性の腎疾患だろうといわれました。
腎臓の数値(BUN)が正常範囲を超えているのと、栄養状態が悪いようです。貧血、脱水症状も現れています。

説明を受けてみれば、そしてネットなどで調べてみたら、随分前に兆候と思われるものが出ていたようで、激しく後悔しております。

検査以来、日に日に食が細って、今はほぼ何も口にしません。
通院によるストレスがかかっているのか、あるいはタルくて食欲自体が沸かないのか。手を変え品を変えても"食"に興味を示してくれないのですよ。

今日も朝から静脈点滴。夕方まで病院です。
なんとか踏ん張ってほしいです。


ネットで情報を集めているときに見つけたブログです。
欄菜嬢、茶夢嬢の毛色が、がっちゃんそっくり。(^-^)

猫いっぱいだにゃ~

やはり苦労されてきたようです。参考にさせていただいてます。





[ 2009/04/03 10:46 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア