序盤戦終了 タイガースは?

好調な楽天を評して"生まれ変わったよう"とはよく耳にするフレーズですが、わがタイガースも別のチームに生まれ変わったようです。メチャ弱。

猫のこともあったのでシーズン開始当初はほとんど野球はスルーだったのですが、気持ちが盛り上がってきたところでチェックしてみたら散々じゃないですか。
讀賣が走るのは戦力的に順当だとしても、ここまで離れるのは下のチームにも大いに問題ありです。

内外タイムス :次期阪神監督に岡田前監督再登板も
リーグ3連覇へ開幕ダッシュする巨人とは対照的に低迷している阪神。17日もヤクルトに惜敗。その矢面に立たされているのが真弓明信新監督で、逆風が吹き付けている。そんな中、岡田彰布前監督が不穏な動きを見せ、メディアを通じ真弓政権を批判している。


内外タイムスらしいツカミ。
でも、実際、真弓はダメですね。

●同上
采配うんぬん以前にチーム作りにも問題はあった。4番・金本がいくら打っても白星につながらないのは、3番から5番に打順を変えられ、一塁から守備の負担がかかる三塁にコンバートされた新井が不調を極めたから、スタートダッシュに失敗したのだ。


三塁コンバートは、今岡を一塁で使いたかったからでしょ。
その直前まで、新井と今岡で一塁ベースを競わせるみたいなこと言ってたのに。そうなると実際は競争にならないから、可能性を残すために新井を三塁に回した。
その結果が、打てない、守れない5番サードの誕生で。

メンチは論外でしょう。
彼がどうこうより、オマリー駐米スカウトの選択眼がひどすぎる。
シーツやアリアスなど、近年そこそこの活躍をしている外国人野手はほとんどが国内チームからの移籍組。
純粋に海外から呼んでいる連中はまったく結果を残せていない。
いい加減、スカウティングに手を入れるか、外国人野手の獲得は国内実績ある選手に限るとしたほうがいいと思う。

交流戦は頼むよ。真弓監督。
シーズン中の解任はないとしても、のんびり構えてられる余裕はないよ。

[ 2009/05/19 11:54 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア