先発陣変わらず好調

sports navi :阪神にブラゼル効果 オリク戦で13安打
阪神は先発全員の13安打で7点。真弓監督は快勝に酔いしれるように口調も滑らかで「なかなか続かなかったが、やっと続くようになった」と5連打で3点を挙げた四回を振り返った。


四死球もそこそこ貰っていたので、そのわりには得点が少ないという見方も可能かと思います。
押せ押せの場面で鳥谷がゲッツー食らったり、ノーアウトでスコアリングポジションにランナーがいるのに、2-4番が連続して倒れたり…。

ひとりマークされている金本には同情の余地がありますが、鳥谷と新井は早々にスタメンから落ちてほしいですね。この2人とブラゼルを同時に内野で使うでは、ディフェンス面でのデメリットも出てきますし。
へらへらしてないで、真弓はしっかり決断してほしい。


そんなこんなで、ここ3試合は久々にのんびり野球を観ることができました。
またもや仕事がなくなった? まあ、そうかもしれませんが(笑)、それはさておき、ベテラン先発トリオのいずれ劣らぬ好投にはスカッとしたー!

先発が好調な今のうちに攻撃陣を整備してほしい。
野球の世界まで既得権が幅を利かせるなんて、御免蒙りたいものです。

[ 2009/06/07 09:56 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア