小田原の変化

2/13。雪(霙)の降る中、小田原に行ってきました。
本命は大磯のかみさんの実家だったんですけどね。そちらは極私的な用事なので、帰りに寄った小田原の話題。

上は数年前に新装なった小田原駅南側(海側)のデッキから小田原城方面を撮った写真です。
下はその拡大版。必要以上にレイクの看板が目立ちます。 一夜城よりビックリ!

100213小田原1

100213小田原2

その後、小田原城にも足を運んだんですが、なんと象のウメ子がいないっ!
その場でネットで調べたら、昨秋に死んじゃったそうです。
訪れるたびに当たり前のようにあった大きな姿がなくなって、結構な喪失感です。

100213小田原3   100213小田原4

ニホンザル以外の動物・鳥たちも姿を消してました。
以前は手前と奥に檻が配されていたんですが、前者のあった場所はスコーンと視界が広がって、えらい見晴らしが良くなっていました。


◎関連エントリー
小田原公園の象 2007年3月28日


※写真2枚(城、ウメ子のいた場所)、2010/3/9追加
[ 2010/03/03 09:53 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア