バッテリーエラー

真弓がタコだとか金本が攻守共に大ブレーキだとかは今始まったことではないから置いとくとして、今年は開幕早々バッテリーエラーが試合の緊張を殺ぐ場面が目立ちますね。

確か日刊ゲンダイだったと思うのですが、城島がインタビューに答えて、「メジャーはフォークよりチェンジアップが主流なのでその対応に難儀したが、日本に戻ったら逆にフォークへの対応に難儀しそう」といったニュアンスのことを言ってました。

そういうこともあるのかもしれません。
としたら、これは慣れが解決する問題なので、多少長い目で見てやりたいものです。

あるいは、新井-金本(+マートン)ラインに打たせたくないので、リードの幅が狭まってしまい、必然的に気持ちが守勢に回ってしまっているとか。

この場合はちょっと深刻ですね。
どこかのブログで読んだのですが、1500試合フルイニング出場の記念グッズを既に発注してしまっているため、球団の意向で金本を下ろせないみたいな話もあるようで。
話半分としてもそういう噂が出るようじゃ、チームを覆う閉塞感も、容易にはぬぐい去ることはできないでしょう。

[ 2010/04/10 10:19 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア