そして誰もいなくなった('74)

5本200円とかで売ってるレンタル落ちのビデオを、いつだったか酔った勢いで買ってきたのですが、そのうちの1本。

何度か映像化されてますね。これはクリスティ存命中の1974年に製作されたやつ(『サファリ殺人事件』は死後。見なくて幸いでした)。例によって原作とは舞台やラストが異なります。

音楽が印象的で、そこそこキャスティングもいい。でも、中盤のサスペンスが弱いので、トータルでは高い点があげづらいところ。

ちなみに最初に観たのは1982年の夏休み。
深夜にTV放映されてたんですが、その日はサッカー部の夏合宿で家を空けており、帰京後に部活仲間のアベ君が録画したやつを借りて観ました。
その後、1回レンタルで借りたような気もする。

原語ではオーエンの声=オーソン・ウェルズなんですが、持ってるのは吹き替え版。残念。


採点:☆☆☆★

[ 2010/05/20 17:27 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア