プラズマクラスター

プラズマクラスターーー!(石丸博也の声で)

それがどんなものなのか想像も付かず。
CAS冷凍(←という名称はさっき知った)みたいなもんかと思いつつ、wikiってみたら――

●wikipedia「プラズマクラスターイオン」より抜粋
プラズマクラスターイオンとは、マイナスイオンとプラスイオンをプラズマ放電する技術のことである。家電メーカーシャープによる造語で、科学技術用語ではない。

イオン発生器が空気中に生成するイオンを、他社が「マイナスイオン」と命名・呼称してブームになった時代に、シャープは自社の特許技術に「プラズマクラスター」と商標登録した。

シャープは、プラズマクラスターイオンに以下の効果があるとしている。
* 布に染み込ませたタバコの臭いを脱臭
* 浮遊しているダニの糞や死骸等のタンパク質を切断して除去、アレルゲンの作用を低減
* 空気中のウイルスを除去して、浮遊ウイルスの作用を抑える
* 細菌の細胞膜のタンパク質を断片化して不活化
* 浮遊しているカビの細胞膜のタンパク質を切断して分解除去
* イオン濃度25000個/cm2の場合、肌の水分量の増加
* 機能搭載エアコンの場合、内部のカビを除菌


かいつまんでいうと、シャープが開発したイオンを発生させて除菌する装置。ということですかね。

あって悪いものじゃないけど、でも冷蔵庫の売りにするには、かなりオーバーな印象がある。
だって、プラズマクラスターを使ってなくても、冷蔵庫理由で食中毒になることってまずないでしょ。

というわけで、我が家は10数年もの冷蔵庫をまだまだ使用中。

[ 2010/07/11 18:17 ] ちょいネタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア