トリック・シアター/遠藤武文

プリズン・トリック』で第55江戸川乱歩賞を受賞した遠藤武文の受賞後第1作。

トリック・シアター
トリック・シアター遠藤 武文

おすすめ平均
starsプリズントリックよりは遥かに良いが
stars連続殺人、テロ、そして巨大な闇―最注目の著者による第2弾!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

とにかく読みづらい。
キャラクターの見分けがつかないどころか、何が起きているのかさえ掴みづらい文章は、ミステリ以前に小説としてアウト。
文法や語彙の問題でなく、文章を使って情報を伝達するのが不得手なのかもしれない(!)。
先日読んだ両角長彦『ラガド 煉獄の教室』は、小説としては難ありでもシナリオとして割り切ればそこそこ楽しめるものだったが、本作は筋を理解するのさえ一苦労で、読んでいて大変にしんどかった。

どこかで作品内容を見て、面白そうと感じて図書館にリクエストしたんだと思うけど、事前に受賞作の評価をチェックしておけば良かったかも。
せっかく乱歩賞を獲ったんだから、諸先輩に負けないように頑張ってほしい。


読了:2010/8/3
採点:☆☆★


▼参考
ラガド 煉獄の教室ラガド 煉獄の教室
両角 長彦

by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

[ 2010/08/03 16:46 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア