由規161km/h

SANSPO.COM :燕・由規161キロ!大台の壁破った20歳
(セ・リーグ、ヤクルト3-9横浜、19回戦、ヤクルト11勝8敗、26日、神宮)日本人最速男が誕生!! ヤクルト・由規投手が26日、横浜19回戦(神宮)で、日本人最速となる161キロをマークした。


最近はプロ入りしてから球速が落ちるケースが多く見られるけど、高校時代にマークした157km/hを上回ったばかりでなく、日本人としては初めて160km/hオーバー。
本人のコメントに見られるように、うまくハマッた部分はあったとしても、数字の説得力は抜群。今後対戦相手は、彼のスピードボールにこれまで以上に警戒感を強めることだろう。
打者の意識が速球に向けば、必然的に変化球も活きてくるわけで、由規もこれで一皮むけるかもしれない。ペナントレースも終盤を迎え、いよいよスワローズが不気味な存在になってきた。

ところで速球といえば虎のクローザー藤川球児の代名詞。なんだけど、サンスポ本紙に載っている球速ランキング(157km/h以上)に彼の名前はないのね。
タイガースの選手では、久保田が157km/hでランクインしているだけ。
必ずしも数字じゃないんだなあ(先日のエントリーとはまた別の意味で)。
打席に立つとクルーンより球児のほうが速く感じるというし。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[ 2010/08/27 13:47 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア